第46回中信杯 全京都学童軟式野球選手権大会

対戦相手が決まる

中京で抽選会

真剣な面持ちで番号札を引く各チームの代表選手(京都市中京区・京都新聞社)
真剣な面持ちで番号札を引く各チームの代表選手(京都市中京区・京都新聞社)

第46回中信杯「全京都学童軟式野球春季大会」(京都軟式野球連盟、京都新聞、KBS京都主催)の組み合わせ抽選会が4日、京都市中京区の京都新聞社で行われ、各チームの対戦相手が決まった。

 学童の部には149チーム、ジュニアの部(新4年生以下)には30チームが出場する。ともに開幕は18日、決勝は4月9日に伏見桃山城運動公園野球場(伏見区)で行う。

 抽選に先立ち開会式が行われ、京都軟式野球連盟の佐々嘉孝副会長が「肩やひじの検診をしっかり受診して、けがのないように頑張ってください」と声を掛けた。続いて両部門の前回優勝チームが優勝旗を、準優勝チームが盾を返還。抽選では各チームの主将らが真剣な表情で番号札を引いた。

【2017年3月5日掲載】
関連ニュース
2017.03.21学童 試合結果
2017.03.16栄冠挑む179チーム
2017.03.05対戦相手が決まる