出版案内
福祉事業団

児童扶養手当2カ月ごとに
厚労省が支給見直し検討

 児童扶養手当支給見直しのイメージ
 児童扶養手当支給見直しのイメージ

 低所得のひとり親家庭向けの児童扶養手当について、厚生労働省は13日、支給方法を見直す方針を決めた。現在は4カ月ごとにまとめて支給しているが、2カ月ごとにすることを検討している。小まめに受け取れるようにすることで、家計管理を手助けするのが狙い。自治体のシステムを改修し、2019年度にも開始したい考えだ。

 児童扶養手当を受給しているのは全国で約104万世帯(15年度)に上る。支給時期は年3回(4、8、12月)で、4カ月分ずつ、まとめて受け取る仕組みだ。

 こうした「まとめ支給」には、受給者から「やりくりが難しい」として、見直しを求める声が上がっていた。

【 2017年08月13日 16時40分 】

ニュース写真

  •  児童扶養手当支給見直しのイメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      原発、同時事故想定すべきが6割
      共同通信アンケート

      20171217000088

       関西電力が来年3月以降の再稼働を目指す大飯原発3、4号機(福井県おおい町)と既に再稼働..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー、サントリーが1位確定
      ヤマハも決勝T進出

      20171217000074

       ラグビーのトップリーグ第12節最終日は17日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、レッ..... [ 記事へ ]

      経済

      女性12人が起業プラン競う 大津でコンテスト

      20171217000089

       女性起業家を発掘し支援する「大津・女性ビジネスプランコンテスト」が16日、大津市のホテ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]