出版案内
福祉事業団

HAPPY、故郷で平和のロックライブ 14日に京都・綾部

「音楽活動をやり切ったら綾部に住みたい」と話し、ライブへの意気込みを述べた「HAPPY」メンバーら(京都府綾部市若竹町・市役所)
「音楽活動をやり切ったら綾部に住みたい」と話し、ライブへの意気込みを述べた「HAPPY」メンバーら(京都府綾部市若竹町・市役所)

 平和を大切にするふるさとでロックを響かせたい-。京都府綾部市出身の5人でつくるロックバンド「HAPPY(ハッピー)」が14日、故郷への感謝を込め、同市内で無料ライブを行う。この日は67年前、市が永久平和を願い全国初の世界連邦都市宣言をした日。メンバーは「最高だと感じてもらえるよう、楽しくピースフルなライブにしたい」と意気込む。

 HAPPYの5人はAlec(アリック)さん、Ric(リック)さん、Chew(チュー)さん、Syu(シュー)さん=いずれも(23)=とBob(ボブ)さん(24)。高校卒業後の2012年に結成した。東京を拠点に自作曲を数多く発表し、ギターやシンセサイザー、ドラムの演奏とボーカルで国内外のツアーも行い、人気を集める。

 5人は、バンド結成5周年を機に「応援してくれたふるさとの人たちに感謝の思いを届けたい」と、無料ライブを開くことに。9月22日に綾部市役所を訪ね、山崎善也市長と懇談した際も、「綾部を離れてやっと綾部の良さが分かった」「人は温かだし、空気も夜空もきれい、川もあり、ふるさとがあるのはありがたい」と故郷への思いがあふれた。

 無料ライブは14日午後1時半から綾部市志賀郷町の酒・食料品販売「山本商店」前で開く。会場は一昨年、大きな壁にグループ名やアート風の絵を描き、アルバムのジャケット写真に使った思い出の場所。新曲の「Stone free(ストーン・フリー)」や「Lucy(ルーシー)」は演奏したい、という。

【 2017年10月09日 20時40分 】

ニュース写真

  • 「音楽活動をやり切ったら綾部に住みたい」と話し、ライブへの意気込みを述べた「HAPPY」メンバーら(京都府綾部市若竹町・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      市の複合施設、民間売却後に賃借へ 京都・城陽

      20171019000083

       京都府城陽市は19日、同市寺田の大規模文化複合施設「文化パルク城陽」を80億円以上でリ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J・トーマスが63で首位発進
      米男子ゴルフ第1日、韓国で

      20171019000131

       米男子ゴルフのCJカップは19日、韓国・済州島のナインブリッジズ(パー72)で第1ラウ..... [ 記事へ ]

      経済

      スーパーカブ製造国内回帰へ
      ホンダ、熊本で5年ぶり

      20171019000114

       ホンダは19日、二輪車「スーパーカブ」の製造を熊本製作所(熊本県大津町)で再開したと発..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      指揮者と見た「響け!ユーフォ」 物語支える演奏のリアル

      20171019000126

       京都・宇治を舞台に、吹奏楽に青春を懸ける高校生を描く映画「劇場版 響け!ユーフォニアム..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      母へ贈り物、藍染めハンカチできた 京都・福知山で体験授業

      20171019000041

       地元伝統の藍染めを体験する授業を、京都府福知山市池部の庵我小が18日行った。3年生10..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      太陽フレア、海側に停電リスク 京大が数理モデル

      20171019000014

       太陽表面の爆発現象「太陽フレア」が起こった際に、日本国内の送電網へ流れ込む電流量を解析..... [ 記事へ ]