出版案内
福祉事業団

重文の宣教師館など公開
明治学院の洋風建築

 れんが造りと木造の調和が美しい「記念館」=東京都港区(学校法人明治学院提供)
 れんが造りと木造の調和が美しい「記念館」=東京都港区(学校法人明治学院提供)

 東京文化財ウィーク期間中の11月1日から3日まで、東京都港区の学校法人明治学院白金キャンパスで、国指定重要文化財を含む明治・大正期の貴重な洋風建築3棟が一般公開される。学外者が内部を見学できるのは毎年この期間中だけだ。

 重文の「インブリー館」は明治学院で教える宣教師の住宅として1889年ごろに建てられた。米国で当時流行した様式に倣う木造2階建てで、細かい外壁仕上げが施されている。館の名前はここに長く住んだインブリー博士にちなむ。

 ネオゴシック様式の「記念館」(90年)は教室や図書館が置かれていた建物で、れんが造りと木造の調和が美しい。当初は1、2階ともれんが造りだったが、建設4年後の大地震で破損し、2階が木造に改築された。

 日本で多くの西洋建築を手掛けたヴォーリズ建築事務所(当時は合名会社)による礼拝堂は1916年に落成。現在のパイプオルガンは、バッハが生きた17、18世紀の工法を復活、再現している。

 入場無料。学生ガイドによる見学ツアーが1日と3日の午前11時、午後1、2時、2日の午前11時と午後2時にある。また2日には、礼拝堂で大学生のパイプオルガン演奏会(無料、事前予約不要)、記念館でオルガニスト長谷川美保さんによるリードオルガン演奏会(無料、指定席は事前予約必要、立ち見席の整理券は当日配布)がある。問い合わせは学校法人明治学院、電話03(5421)5230。

【 2017年10月12日 17時16分 】

ニュース写真

  •  れんが造りと木造の調和が美しい「記念館」=東京都港区(学校法人明治学院提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      新景観政策10年、未来見据え議論深める 京都でシンポ

      20171211000186

       京都市の新景観政策の施行10年を総括するシンポジウムがこのほど、左京区の府立京都学・歴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浦和、12日に5位決定戦
      堀監督「勝利を得たい」

      20171211000213

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカッ..... [ 記事へ ]

      経済

      WTOの機能強化要請
      世耕経産相、閣僚会議

      20171212000002

       【ブエノスアイレス共同】アルゼンチンで開かれている世界貿易機関(WTO)閣僚会議は11..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ダム水没境内の荘川桜2世植樹 京都・東本願寺

      20171211000168

       かつて岐阜県北部の真宗大谷派の寺院境内にあり、ダム建設に伴い別の場所に移植された歴史の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      風車計画にイヌワシ衝突恐れ 滋賀の生息地、発電用7基

      20171211000171

       国の天然記念物イヌワシが生息する滋賀県米原市の山林に、東京の再生エネルギー会社が大型の..... [ 記事へ ]