出版案内
福祉事業団

太陽光発電、AIが売るか使うか判断 京セラ、システム開発

京セラが新発売した人工知能付きHEMSのモニター画面
京セラが新発売した人工知能付きHEMSのモニター画面

 京セラは25日、家庭の太陽電池で発電した電力の用途をAI(人工知能)が自動で判断するホームエネルギー管理システム(HEMS)を開発したと発表した。電力会社に売るか、自宅で使うかを家計に得になるよう適切に選択する仕組みで、関連製品で年間1万台の販売を目指す。

 国の再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で太陽光発電の価格が低下する一方、家庭向けの電気料金は上昇傾向にある。今後、自宅で消費した方が得になる場合に、利用者が効率的に売電から切り替えられるようAI機能を開発した。

 AI機能は、天気の予測や家庭の電力消費パターンに基づいて翌日の発電電力量や余剰電力量を試算し、蓄電システムや給湯器「エコキュート」の稼働計画を立てる。当日も発電状況に応じて稼働を補正し、エネルギー利用を効率化する。

 同日発売のHEMS「ナビフィッツ」に今夏以降、AI機能を無償追加できるようにする。本体は9万1800円、別売りモニターは4万6440円。今後発売する同社の蓄電システムかエコキュートが必要。

【 2017年01月26日 09時09分 】

ニュース写真

  • 京セラが新発売した人工知能付きHEMSのモニター画面
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      陸自、中部方面後方支援隊に新編2部隊 京都で完結式

      20170327000159

       陸上自衛隊は27日、中部方面後方支援隊で新編した部隊の編成完結式を京都市西京区の陸自桂..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      関西WMGへ滋賀県実行委を設立 事業計画など決定

      20170327000161

       2021年5月に関西一円で行われる生涯スポーツの国際総合競技大会「ワールドマスターズゲ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初の「京都遺産」に庭園文化など3件 市審査会答申 

      20170327000157

       京都市内にある有形・無形の文化遺産を集合体として認定する「まち・ひと・こころが織り成す..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      神経難病、サルで再現
      治療、病態解明の手掛かり

      20170328000008

       遺伝子の改変によって神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)..... [ 記事へ ]

      国際

      「同じ地獄再現ならない」
      被爆者藤森さんが演説

      20170328000001

       【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で27日(日本時間同)始まった核兵器禁止条..... [ 記事へ ]