出版案内
福祉事業団

寄港急増で「海の京都駅」に 舞鶴港、ターミナル拡大へ

2015年7月に開設した舞鶴港の旅客ターミナル。クルーズ船客が増え、手狭になっている(京都府舞鶴市)
2015年7月に開設した舞鶴港の旅客ターミナル。クルーズ船客が増え、手狭になっている(京都府舞鶴市)

 京都舞鶴港(京都府舞鶴市)へのクルーズ船の寄港回数が急増していることを受け、京都府は新年度から、クルーズ船の受け入れ体制を強化する。京都舞鶴港を「海の京都駅(仮称)」と位置づけ、旅客ターミナルを大幅に拡大し、観光案内や特産品販売を本格化させる。

 舞鶴へのクルーズ船寄港は2010年は2回だったが、アジアの経済成長に伴って富裕層を中心とした利用客が急増。16年は過去最多の17回を記録し、17年は倍増の34回を予定している。

 府は15年7月、第2埠頭(ふとう)に木造平屋建ての旅客ターミナル(約440平方メートル)を開設し、入国審査や休憩スペースとして活用している。だがクルーズ船客が多いため、屋外で乗船を待たなければならないケースも出ている。

 そこで府は、隣接する貨物倉庫(約1200平方メートル)を改装し、17~18年度は半分のスペースを、19年度からは全スペースを旅客ターミナルとして活用。トイレや空調設備を完備した快適な待合スペースを提供する。また、ターミナル施設周辺に観光案内所や特産品の販売スペースを設け、地域住民を巻き込んだイベントも開催する。

 2月定例府議会に提出している新年度一般会計当初予算案に、関連経費2億3200万円を計上している。府は第2埠頭をクルーズ船専用の港にする方針を打ち出しており、府港湾課は「クルーズ船客を十分におもてなしできる体制を整えていきたい」としている。

【 2017年03月20日 12時20分 】

ニュース写真

  • 2015年7月に開設した舞鶴港の旅客ターミナル。クルーズ船客が増え、手狭になっている(京都府舞鶴市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自転車でフィギュアとサッカー 滋賀、独代表ジュニアが妙技

      20170921000053

       室内自転車競技のドイツ代表ジュニアチームが20日、滋賀県彦根市松原町の近江高を訪問し、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、高速鉄道350キロ再開
      「復興号」世界最速に

      20170921000030

       【北京共同】中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開した。2011..... [ 記事へ ]