出版案内
福祉事業団

寄港急増で「海の京都駅」に 舞鶴港、ターミナル拡大へ

2015年7月に開設した舞鶴港の旅客ターミナル。クルーズ船客が増え、手狭になっている(京都府舞鶴市)
2015年7月に開設した舞鶴港の旅客ターミナル。クルーズ船客が増え、手狭になっている(京都府舞鶴市)

 京都舞鶴港(京都府舞鶴市)へのクルーズ船の寄港回数が急増していることを受け、京都府は新年度から、クルーズ船の受け入れ体制を強化する。京都舞鶴港を「海の京都駅(仮称)」と位置づけ、旅客ターミナルを大幅に拡大し、観光案内や特産品販売を本格化させる。

 舞鶴へのクルーズ船寄港は2010年は2回だったが、アジアの経済成長に伴って富裕層を中心とした利用客が急増。16年は過去最多の17回を記録し、17年は倍増の34回を予定している。

 府は15年7月、第2埠頭(ふとう)に木造平屋建ての旅客ターミナル(約440平方メートル)を開設し、入国審査や休憩スペースとして活用している。だがクルーズ船客が多いため、屋外で乗船を待たなければならないケースも出ている。

 そこで府は、隣接する貨物倉庫(約1200平方メートル)を改装し、17~18年度は半分のスペースを、19年度からは全スペースを旅客ターミナルとして活用。トイレや空調設備を完備した快適な待合スペースを提供する。また、ターミナル施設周辺に観光案内所や特産品の販売スペースを設け、地域住民を巻き込んだイベントも開催する。

 2月定例府議会に提出している新年度一般会計当初予算案に、関連経費2億3200万円を計上している。府は第2埠頭をクルーズ船専用の港にする方針を打ち出しており、府港湾課は「クルーズ船客を十分におもてなしできる体制を整えていきたい」としている。

【 2017年03月20日 12時20分 】

ニュース写真

  • 2015年7月に開設した舞鶴港の旅客ターミナル。クルーズ船客が増え、手狭になっている(京都府舞鶴市)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      滋賀・比良山系、うっすら初冠雪 昨年より9日遅く

      20171120000021

       彦根地方気象台は19日、滋賀県内の比良山系で初冠雪を観測したと発表した。山頂付近がうっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新王者の村田諒太、京都で祝賀会
      「みんなに喜びを」

      20171120000029

       10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級新王者となった2012年ロンドン五輪金メダ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]

      国際

      聖書博物館がワシントンで開館
      トランプ政権下の展示注目

      20171119000008

       【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18..... [ 記事へ ]