出版案内
福祉事業団

藍染めで地域おこしを 京都・南丹、耕作放棄地で栽培

藍の苗づくりの準備をする住民たち(南丹市園部町口人)
藍の苗づくりの準備をする住民たち(南丹市園部町口人)

 耕作放棄地などを活用して育てた藍で糸を染め、織物にして販売する「南丹藍活プロジェクト」がスタートした。京都丹波の新しい特産品を目指し、地元の織物会社と農地を管理する住民がタイアップ。このほど学生らも加わり、南丹市園部町口人で苗作りのための種まき作業を行った。

 同市園部町若松町でビロードを製造する日本天鵞絨(びろーど)工業の藤本義人社長が発案した。人材募集してもビロード職人の応募はないため、織りを手軽に体験してもらうことで職人の裾野を広げようと、藍染め糸での織りに着目。ビロードよりも簡単に織ることができ、商品化にもつながりやすい。しかも藍は園部町でも育つことを実証した。

 アイデアを知った市地域おこし協力隊のメンバーが、野菜の朝市を開いている「口人の郷」(西田正憲代表)に相談したところ、地域活性化につながると承諾。試みに、空いている田畑を使って栽培することになった。

 種まき作業には地元の人やフェイスブックで知ったという大学生ら15人が参加。徳島県の藍栽培農家から無償で譲り受けた種を約1200ポットに数粒ずつまいた。種は江戸時代に徳島の農家が京都の農家から受け継いだ種類といわれ、いわば里帰り。ハウスで苗に育てた後、畑に植え、7月後半には収穫できるという。

 実際の染めは亀岡市の染色作家の指導を受け、その染め糸を使って天鵞絨工業で織物を試作する。一般の人や子どもたちに染織体験してもらうほか、藍染めの仕込み材料「すくも」や藍染料、藍染め糸を使った織物などの商品化も検討する。

【 2017年03月20日 21時00分 】

ニュース写真

  • 藍の苗づくりの準備をする住民たち(南丹市園部町口人)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      新景観政策10年、未来見据え議論深める 京都でシンポ

      20171211000186

       京都市の新景観政策の施行10年を総括するシンポジウムがこのほど、左京区の府立京都学・歴..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      浦和、12日に5位決定戦
      堀監督「勝利を得たい」

      20171211000213

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカッ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ダム水没境内の荘川桜2世植樹 京都・東本願寺

      20171211000168

       かつて岐阜県北部の真宗大谷派の寺院境内にあり、ダム建設に伴い別の場所に移植された歴史の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      風車計画にイヌワシ衝突恐れ 滋賀の生息地、発電用7基

      20171211000171

       国の天然記念物イヌワシが生息する滋賀県米原市の山林に、東京の再生エネルギー会社が大型の..... [ 記事へ ]

      国際

      比政府機関、マニラに慰安婦像
      中国系団体が要求か

      20171211000202

       【マニラ共同】フィリピン政府機関の一つ、フィリピン国家歴史委員会が11日までに、マニラ..... [ 記事へ ]