出版案内
福祉事業団

藍染めで地域おこしを 京都・南丹、耕作放棄地で栽培

藍の苗づくりの準備をする住民たち(南丹市園部町口人)
藍の苗づくりの準備をする住民たち(南丹市園部町口人)

 耕作放棄地などを活用して育てた藍で糸を染め、織物にして販売する「南丹藍活プロジェクト」がスタートした。京都丹波の新しい特産品を目指し、地元の織物会社と農地を管理する住民がタイアップ。このほど学生らも加わり、南丹市園部町口人で苗作りのための種まき作業を行った。

 同市園部町若松町でビロードを製造する日本天鵞絨(びろーど)工業の藤本義人社長が発案した。人材募集してもビロード職人の応募はないため、織りを手軽に体験してもらうことで職人の裾野を広げようと、藍染め糸での織りに着目。ビロードよりも簡単に織ることができ、商品化にもつながりやすい。しかも藍は園部町でも育つことを実証した。

 アイデアを知った市地域おこし協力隊のメンバーが、野菜の朝市を開いている「口人の郷」(西田正憲代表)に相談したところ、地域活性化につながると承諾。試みに、空いている田畑を使って栽培することになった。

 種まき作業には地元の人やフェイスブックで知ったという大学生ら15人が参加。徳島県の藍栽培農家から無償で譲り受けた種を約1200ポットに数粒ずつまいた。種は江戸時代に徳島の農家が京都の農家から受け継いだ種類といわれ、いわば里帰り。ハウスで苗に育てた後、畑に植え、7月後半には収穫できるという。

 実際の染めは亀岡市の染色作家の指導を受け、その染め糸を使って天鵞絨工業で織物を試作する。一般の人や子どもたちに染織体験してもらうほか、藍染めの仕込み材料「すくも」や藍染料、藍染め糸を使った織物などの商品化も検討する。

【 2017年03月20日 21時00分 】

ニュース写真

  • 藍の苗づくりの準備をする住民たち(南丹市園部町口人)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      米軍、沖縄の炎上ヘリ撤去終了
      事故発生10日目

      20171020000162

       在日米海兵隊(司令部・沖縄)は20日、沖縄県東村の牧草地に11日に不時着し炎上、大破し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バレーのプレミアL、21日開幕
      NEC柳田「攻撃生かす」

      20171020000116

       バレーボールのプレミアリーグは21日に女子がゼビオアリーナ仙台で、男子が東京体育館で開..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      三重の専修寺、国宝に
      重要文化財に松殿山荘など6件

      20171020000128

       国の文化審議会は20日、日本の代表的な近世寺院建築とされる専修寺(津市)の御影堂と如来..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オーケストラ演奏、迫力に児童魅了 京都の小学校

      20171020000056

       東京佼成(こうせい)ウインドオーケストラ(東京都杉並区)の芸術鑑賞会が19日、京都府長..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      インド首都の大気汚染が本格化
      祭の花火規制も効果薄く

      20171020000085

       【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーで、秋から冬にかけて深刻となる大気汚染が本..... [ 記事へ ]