出版案内
福祉事業団

京阪特急の座席指定車両、8月運行へ 叡電には新観光車両

叡山電鉄が叡山本線に導入する観光車両のイメージ。大きな楕円の飾りは大地の力を表している
叡山電鉄が叡山本線に導入する観光車両のイメージ。大きな楕円の飾りは大地の力を表している

 京阪ホールディングスは30日、8月20日から京阪電気鉄道で座席指定型の特急車両「プレミアムカー」を運行すると発表した。グループ会社の叡山電鉄では来春、八瀬・比叡山方面の路線で新たなデザインの観光車両を導入することも明らかにした。

 プレミアムカーは特急の6両目に組み込む。外装は赤と金の2色で、京都らしい落ち着きと華やかさを表現した。車内にはパソコンの利用に便利な大型テーブルや荷物スペースを設置し、無線通信「Wi-Fi(ワイファイ)」を無料で提供。専属のアテンダントも乗車する。

 朝のラッシュ時間帯を除く平日や土曜日、休日に運行し、昼は最大で1時間に上下各4本を走らせる。乗車賃とは別に利用券が必要。料金は区間によって異なり400~500円。特急停車駅もしくは8月初めに開設するサイトで、乗車日の2週間前から買える。

 また、8月21日には、平日朝のラッシュ時間帯に全車両指定席の「ライナー列車」を導入。枚方市発淀屋橋行きと樟葉発淀屋橋行きを各1本ずつ運行する。利用料金は乗車賃と別で一律300円。

 叡電で新たに導入する観光車両は、出町柳-八瀬比叡山口の叡山本線で走らせる。先頭部にあしらった大きな楕円(だえん)形の飾りが特徴で、上下に配した二つのライトは比叡山と鞍馬山をイメージした。

 大阪市内で会見した加藤好文社長は「四季の魅力を楽しんでいただける車両にしたい」と話した。

【 2017年03月30日 22時00分 】

ニュース写真

  • 叡山電鉄が叡山本線に導入する観光車両のイメージ。大きな楕円の飾りは大地の力を表している
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自転車でフィギュアとサッカー 滋賀、独代表ジュニアが妙技

      20170921000053

       室内自転車競技のドイツ代表ジュニアチームが20日、滋賀県彦根市松原町の近江高を訪問し、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、高速鉄道350キロ再開
      「復興号」世界最速に

      20170921000030

       【北京共同】中国の高速鉄道は21日、最高時速350キロでの営業運転を再開した。2011..... [ 記事へ ]