出版案内
福祉事業団

唐紙の魅力、作って体験を 京都の会社が施設

版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)
版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)

 襖紙(ふすまがみ)や壁紙に使われる京都の伝統工芸品「唐紙」を身近に感じてもらおうと、内装材卸会社の丸二(京都市下京区)が26日、体験施設「唐丸」を本社隣にオープンさせる。唐紙の製作体験ができる工房やギフト商品の販売スペースを設け、魅力を発信する。

 唐紙は、文様を彫り込んだ版木に絵の具を塗り、和紙を上から重ねて写し取って作る。奈良時代に唐から伝わり、平安時代には京都で作られるようになったとされる。古くは料紙として使われ、その後和室の襖などに利用されてきた。

 同社は、唐紙のギャラリー開設や製作体験イベントなどを通じて唐紙のPRに取り組んできた。近年、増加している京都の観光客にも、唐紙の良さを伝えようと、施設建設を決めた。

 施設は2階建て延べ約240平方メートル。1階には、唐紙を材料に使ったインテリアやギフト商品を販売する店舗と、専用キットを使ったポストカードの製作体験(1800円)ができるスペースを設けた。2階には職人の工房を山科区から移設。工房見学や本物の版木(縦28センチ、横47センチ)を用いて職人が手ほどきする「小判摺り」体験(3900円)ができる。

 4日には関係者向けの内覧会が開かれ、参加者がポストカードや小判摺りの体験を楽しんだ。西村和紀社長は「体験施設を通して唐紙ファンを増やしたい。伝統文化全般に興味を広げることにもつながるのでは」と期待している。体験は唐丸のホームページを通じて受け付ける。問い合わせは同社075(361)1321。

【 2017年08月11日 23時27分 】

ニュース写真

  • 版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      立命大、関大に競り勝ち開幕5連勝 関西学生アメフット

      20171021000143

       アメフットの関西学生リーグは21日、西京極陸上競技場で2試合を行った。立命大は15-7..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]

      国際

      中道右派が第1党の勢い
      チェコ下院選、新興党が躍進

      20171021000163

       【プラハ共同】チェコ下院(定数200)選は21日、前日からの投票が締め切られ、開票が始..... [ 記事へ ]