出版案内
福祉事業団

唐紙の魅力、作って体験を 京都の会社が施設

版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)
版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)

 襖紙(ふすまがみ)や壁紙に使われる京都の伝統工芸品「唐紙」を身近に感じてもらおうと、内装材卸会社の丸二(京都市下京区)が26日、体験施設「唐丸」を本社隣にオープンさせる。唐紙の製作体験ができる工房やギフト商品の販売スペースを設け、魅力を発信する。

 唐紙は、文様を彫り込んだ版木に絵の具を塗り、和紙を上から重ねて写し取って作る。奈良時代に唐から伝わり、平安時代には京都で作られるようになったとされる。古くは料紙として使われ、その後和室の襖などに利用されてきた。

 同社は、唐紙のギャラリー開設や製作体験イベントなどを通じて唐紙のPRに取り組んできた。近年、増加している京都の観光客にも、唐紙の良さを伝えようと、施設建設を決めた。

 施設は2階建て延べ約240平方メートル。1階には、唐紙を材料に使ったインテリアやギフト商品を販売する店舗と、専用キットを使ったポストカードの製作体験(1800円)ができるスペースを設けた。2階には職人の工房を山科区から移設。工房見学や本物の版木(縦28センチ、横47センチ)を用いて職人が手ほどきする「小判摺り」体験(3900円)ができる。

 4日には関係者向けの内覧会が開かれ、参加者がポストカードや小判摺りの体験を楽しんだ。西村和紀社長は「体験施設を通して唐紙ファンを増やしたい。伝統文化全般に興味を広げることにもつながるのでは」と期待している。体験は唐丸のホームページを通じて受け付ける。問い合わせは同社075(361)1321。

【 2017年08月11日 23時27分 】

ニュース写真

  • 版木を用いた唐紙の製作を体験する参加者ら(4日午前10時25分、京都市下京区高辻通柳馬場西入ル・「唐丸」)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      原発、同時事故想定すべきが6割
      共同通信アンケート

      20171217000088

       関西電力が来年3月以降の再稼働を目指す大飯原発3、4号機(福井県おおい町)と既に再稼働..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビー、サントリーが1位確定
      ヤマハも決勝T進出

      20171217000074

       ラグビーのトップリーグ第12節最終日は17日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、レッ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「石垣の作り方」に興味津々 彦根城でイベント

      20171217000048

       滋賀県彦根市金亀町の彦根城で16日、城内の石垣を巡るイベント「石垣探検隊」があった。参..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原子炉建屋想定し高専生技術競う
      福島で「廃炉創造ロボコン」

      20171216000129

       東京電力福島第1原発の原子炉建屋を想定した会場で、高専生が自作ロボットの操作技術を競う..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、「一帯一路」推進呼び掛け
      閣僚級、日本側に

      20171216000112

       【北京共同】日中両国の政財界人や有識者が安全保障や外交を議論するシンポジウム「東京―北..... [ 記事へ ]