出版案内
福祉事業団

一味違うチタン製、セラミック焙煎機を独自開発 京都

ウェルドワンが開発したセラミック焙煎機。本体は熱に強く殺菌効果が高いチタンでできている(京都府与謝野町明石)
ウェルドワンが開発したセラミック焙煎機。本体は熱に強く殺菌効果が高いチタンでできている(京都府与謝野町明石)

 京都府与謝野町の金属加工会社が、コーヒー豆をセラミックの遠赤外線で加熱する焙煎(ばいせん)機を独自開発した。本体には熱やさびに強く殺菌効果もあるとされるチタンを採用し、同社は「セラミックのチタン製焙煎機は他に聞いたことはない。焙煎した豆の仕上がりが他とは違うことを多くの人に知ってもらいたい」としている。

 自転車部品などを製造している「WELD ONE(ウェルドワン)」(同町明石)代表の小西栄二さん(50)が、2015年に知人から焙煎機の製造を依頼されたことを機に独自技術でチタン製焙煎機を開発。同時に自社ブランド「京都YOSANO ROASTER」を立ち上げた。

 今回開発した焙煎機は従来のチタンドラムを改良し、炭火と同等の赤外線量があるセラミックの遠赤外線で豆を煎(い)る。ドラム内は豆が前後左右に回転する仕組みで、豆の芯から均一にローストする。雑味が少なく豆本来の香りが際立つ焙煎を可能にした。また、舞鶴市のポリテクカレッジ京都(京都職業能力開発短期大学校)との共同研究で焙煎量や時間などをあらかじめ設定できるシステムを導入。本体付属のタッチパネルで誰でも簡単に操作ができるようにした。

 本体は高さ75センチ、幅50センチ、奥行きが80センチで、販売価格はタッチパネル付きで1台165万円(税別)。9月に東京都で開催された国内外のコーヒー関連企業や豆の生産者などが集まる展示会でも好評だったという。小西さんは「開発は難しく大変なことも多かったが、京都の小さなメーカーでもオリジナル性のあるものづくりに取り組んでいることを全国に向けて発信していきたい」と力を込める。

【 2017年10月09日 22時10分 】

ニュース写真

  • ウェルドワンが開発したセラミック焙煎機。本体は熱に強く殺菌効果が高いチタンでできている(京都府与謝野町明石)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      京浜東北線で架線断線
      東海道、横須賀線も運休

      20171216000068

       16日午前10時55分ごろ、JR京浜東北線の鶴見駅―川崎駅間で、架線が断線するトラブル..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボクシング黒木、6度目防衛戦へ
      前日計量パス「輝く姿見せた

      20171216000082

       世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級王者の黒木優子が6度目の防衛戦(福岡市九..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真田丸、ちはやふる効果 滋賀の観光客初の5千万人超

      20171216000058

       滋賀県は15日、2016年の観光客数が延べ5076万7300人で、初めて5千万人を突破..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]

      国際

      ソウルの漢江、この冬初の結氷
      平年より29日早く

      20171216000054

       【ソウル共同】韓国気象庁は15日、ソウルの中心を流れる漢江で同日、この冬初めての結氷を..... [ 記事へ ]