出版案内
福祉事業団

スマホ好調、業績大幅改善 京都・滋賀の48社9月中間決算

2017年9月中間業績
2017年9月中間業績

 京都、滋賀に本社を置く3月期決算の上場企業(金融4社除く)48社の2017年9月中間決算は、経常利益が増益や黒字転換だった企業が3分の2にあたる32社に上った。スマートフォンや半導体関連の需要増加や海外経済の復調を追い風に、過去最高益を更新する企業も相次いだ。

 経常損益は、増益が27社(56・3%)、黒字転換が5社(10・4%)だった一方、減益は13社(27・1%)、赤字は2社(4・2%)にとどまった。減益と赤字の企業が半数を超えていた前年同期に比べると、企業業績は大幅に改善した。

 けん引役は高機能化が進むスマートフォンや、メーカーの設備投資が活発な半導体だ。NISSHAはタッチパネルに使うタッチセンサーが大手スマホに採用され、黒字転換した。TOWAもスマホ用カメラ部品の需要拡大で半導体樹脂封止装置が伸び、売上高は最高となった。半導体製造装置を扱うSCREENホールディングスや、マイコンを販売するたけびしも、最高益を達成した。

 回復基調が続く海外需要を取り込んだ企業も目立った。島津製作所は、計測・分析装置が中国を中心に伸びて過去最高益を更新。松風も、歯科材料が北米や中国で受注が増え、増収増益だった。円安も採算向上に寄与し、ニチコンやニチダイは経常増益となった。

 自動車関連も好調だった。エンジン部品を製造するサンコールやメタルアート、ねじのヤマシナはそろって経常増益だった。

 売り上げを伸ばしながら、利益面で原材料費上昇に足を引っ張られるケースも一部で見られた。ジーエス・ユアサコーポレーションは蓄電池に使う鉛、三洋化成工業はナフサの価格上昇の影響を受け、増収減益となった。

【 2017年11月15日 08時49分 】

ニュース写真

  • 2017年9月中間業績
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      福山氏の選挙母体設立 京都府知事選で政策協定締結

      20180225000015

       任期満了に伴う京都府知事選(3月22日告示、4月8日投開票)に立候補表明している弁護士..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子はスウェーデンが優勝
      カーリング・25日

      20180225000054

       カーリング女子決勝でスウェーデンが韓国に8―3で快勝し、2大会ぶり3度目の優勝を果たし..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の観光地巡る路線大幅増便 市バスが3月ダイヤ改正 

      20180225000022

       京都市交通局は、観光客らによる車内混雑の緩和に重点を置いた市バスのダイヤ改正を3月17..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]

      国際

      安保理、シリア停戦決議採択
      人道支援目的、全土で30日間

      20180225000009

       【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は24日、内戦が激化するシリアの全土で、緊急人道..... [ 記事へ ]