出版案内
福祉事業団

ゲーム・テレビから、読書・外遊びへ 滋賀・馬淵小に表彰

テレビやゲーム時間の目標を達成して賞状を受け取る児童+(近江八幡市馬淵町・馬淵小)
テレビやゲーム時間の目標を達成して賞状を受け取る児童+(近江八幡市馬淵町・馬淵小)

 テレビやゲーム時間を減らす取り組みが児童の生活習慣改善につながっているとして、馬淵小(滋賀県近江八幡市馬淵町)が、本年度の「早寝早起き朝ごはん」運動の文部科学大臣表彰を県内で唯一受賞した。この9年間でテレビやゲーム時間は約70%減少、読書や外遊びの時間が増えた。

 2006年の市教委調査で同小児童の4人に1人がテレビを1日3時間以上も見ている実態が判明。睡眠不足を防ごうと同小は08年度から、食事中や午後9時以降はテレビやゲーム、パソコンをしないよう呼び掛け始めた。

 11年度からは毎月最初の1週間を「ノーゲーム・チョイテレビ運動」期間と位置付け、「テレビは1日1時間、ゲームは30分まで」の目標を掲げた。記録表を毎日書いてもらい、目標を達成した全児童に賞状を渡しているほか、保護者にも現状を通知している。

 その結果、テレビやゲーム時間は右肩下がりで、平日は08年2月が1日2時間45分だったのに対し、今年2月は52分を記録。休日も同様に4時間16分から1時間に激減した。一方で「毎日読書する」(3人に1人)、「運動や外遊びを毎日する」(5人に2人)と答えた児童が増えた。

 6年岡田卓也君(12)は「ゲームは限られた時間で集中する習慣がつき、友達や弟と外で遊ぶようになった。良いことばかりで損は感じない」と話す。

【 2017年03月19日 19時20分 】

ニュース写真

  • テレビやゲーム時間の目標を達成して賞状を受け取る児童+(近江八幡市馬淵町・馬淵小)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]