出版案内
福祉事業団

京都の小6、最年少マイスターに 世界遺産検定

世界遺産検定の最上級「マイスター」に、最年少で合格した山本君(京都市中京区)
世界遺産検定の最上級「マイスター」に、最年少で合格した山本君(京都市中京区)

 社会人でも取得が難しい世界遺産検定(NPO法人世界遺産アカデミー主催)で最上級の「マイスター」に、京都市立小6年男児が5年の時に合格し、歴代の合格者最年少を更新した。テキストだけでなく、新聞やインターネットで最新の時事問題も学習した。将来は「世界遺産の保護に関わる仕事に就きたい」と夢見ている。

 岩倉北小6年山本・リシャール・登眞君(11)。昨年12月に実施されたマイスター試験に合格した。事務局によると、マイスターに小学生で合格したのは2人目で、2013年の試験で愛知県の6年男児が合格して以来という。

 山本君は、両親の仕事の関係で、歴史地区として世界遺産に認定されているフランス南東部のリヨンで生まれ、日本や海外を転々とした。幼稚園の時、両親に買ってもらった世界遺産の図鑑がきっかけで興味を持った。

 2年生で初めて世界遺産検定3級に挑戦。その時は不合格だったが、3年生で3級と大学生レベルの2級に合格。4年生で1級を取得した。学習し始めた時は漢字が読めず、母親にルビを振ってもらっていたが、次第に語彙(ごい)も増え、3年生の終わりごろには、大人用のテキストが問題なく読めるようになったという。

 マイスター試験には、記述式の時事問題が出るため、ニュースを欠かさずチェックし、切り抜きもしてきた。出ると予想して重点的に勉強した分野が出題されたという。

 欧州在住の経験から、世界遺産が戦争などで壊されるニュースは非常に身近に感じている。将来は、各国の推薦候補を事前審査する国際記念物遺跡会議(イコモス)の調査員になるのが夢という。山本君は「貴重な歴史遺産が紛争や開発で壊されてしまったら取り返しがつかない。これからも勉強を続け、守る仕事に携わりたい」と笑顔で話した。

【 2017年05月17日 17時00分 】

ニュース写真

  • 世界遺産検定の最上級「マイスター」に、最年少で合格した山本君(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      野党、首相の施政方針に反発
      「都合の良い数字でごまかし」

      20180122000193

       野党各党は22日、安倍晋三首相の施政方針演説について「都合の良い数字や事実を並べ立て、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュアの宮原、宇野らが調整
      24日から四大陸選手権

      20180122000063

       【台北共同】欧州以外の国・地域が参加して24日に開幕するフィギュアスケートの四大陸選手..... [ 記事へ ]

      経済

      和歌山の蔵出しみかん食べて、PR隊が本社訪問

      20180122000202

       和歌山県海南市の「蔵出ししもつみかん」のキャンペーン隊が22日、京都市中京区の京都新聞..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      山中所長「辞任も検討」 京大iPS研・助教の論文不正

      20180122000215

       京都大は22日、iPS細胞研究所の助教が筆頭・責任著者であるiPS細胞(人工多能性幹細..... [ 記事へ ]

      国際

      パリ万博、仏政府は断念
      遺憾と誘致委員長

      20180122000213

       【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)のパリ誘致を目指し、大阪市などと争ってきたフラ..... [ 記事へ ]