出版案内
福祉事業団

利用低迷、スクールランチ改善策 大津、弁当ない中学生に

利用率が低迷している大津市教委のスクールランチのメニュー表。6月から金曜限定でカフェランチを加えた
利用率が低迷している大津市教委のスクールランチのメニュー表。6月から金曜限定でカフェランチを加えた

 家庭から手作り弁当を持参できない中学生に、栄養バランスの取れた昼食を提供する大津市教育委員会のスクールランチ事業の利用率が減少している。2016年度は対象生徒の0・4%にとどまり、当日注文のしにくさやメニューが1種類だった点が原因とみられる。市教委は改善に向け、金曜日限定で2種類に増やす対策に乗り出した。

 市教委によると、給食がある2中学校を除いた市内の16校は家庭の弁当が基本だが、5%の生徒が何らかの事情で持参せずパンなどを購入している。スクールランチは13年から民間業者に委託して始め、配膳費など年間1200万円を支払っている。生徒は1食400円で利用できる。

 当初は2%の生徒が利用すると見込んでいたが、13年度の1・3%(注文1万4千食)から減少が続き、15年度は0・5%(同7800食)、さらに16年度は0・4%(同6600食)まで落ち込んだ。

 市教委は低迷の原因について前日までの予約が基本で、当日は登校後に注文できない点を挙げる。「親が忙しく、弁当を作れない場合に対応しにくい」(市教委)。メニューは日替わりだが1種類しかない点にも「コンビニの方が選択肢がある」と生徒から不評だったという。

 対策として、市教委は6月から金曜限定でメニューに「カフェランチ」を加えて2種類に。デザートとサラダ付きでカロリー控えめといい、6月の利用は1日平均40食で4月から37%増えた。市教委は「弁当を持参できない際の選択肢として定着させ、利用率を高めたい」としている。

【 2017年07月14日 12時10分 】

ニュース写真

  • 利用率が低迷している大津市教委のスクールランチのメニュー表。6月から金曜限定でカフェランチを加えた
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      自由の女神も閉鎖
      米政府機関の一部業務停止受け

      20180121000003

       【ニューヨーク共同】米連邦予算を巡る民主、共和両党の対立により米政府機関の一部が20日..... [ 記事へ ]