出版案内
福祉事業団

パーキンソン病の進行抑制化合物 京大教授ら開発

 細胞のエネルギーの基となるATP(アデノシン三リン酸)の量を調整することでパーキンソン病の進行を抑える化合物を、京都大生命科学研究科の垣塚彰教授らがマウスの実験によって見つけた。ほかの神経の病気への応用も期待できるという。国際科学誌にこのほど発表した。

 パーキンソン病は千人に1人が発症し、神経伝達物質ドーパミンを作る神経細胞が変性し、手足の震えから進行して運動機能が失われる。神経細胞でのATP量の減少が背景にあるとされる。

 垣塚教授らは既に、ATPの分解を抑える化合物「KUS剤」は開発していた。さらに今回は、ATPの産生を促す作用を持つ化合物「エスクレチン」を、約10万種の中から発見した。パーキンソン病モデルのマウスに投与したところ、KUS剤もエスクレチンのいずれにおいても、ATP量の低下が抑えられ、細胞死が少なくなった。運動能力の低下も抑制された。

 垣塚教授は「ATP量の低下が背景にある病気は多い。応用の幅は広いはず」と話している。

【 2017年09月12日 16時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      山口組総本部を家宅捜索、警視庁
      直系組長のヤミ金融事件

      20180120000062

       ヤミ金融を営んでいたとして指定暴力団山口組の2次団体「章友会」会長松岡錠司容疑者(50..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      上原投手「もう1年メジャーで」
      マイナーなら引退の意向

      20180120000077

       米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、移籍先が決まっていない上原浩治..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホで口座開設、京都中信が専用アプリ 22日から

      20180120000076

       京都中央信用金庫は、スマートフォンで口座開設などができる専用アプリを開発し、22日から..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の力作ずらり 京都・北野天満宮で書き初め審査

      20180120000050

       能書で知られた菅原道真を祭る京都市上京区の北野天満宮で19日、正月に書道上達を願って奉..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]

      国際

      キルギス伝統帽子の着用は義務?
      議会に法案、賛否両論

      20180120000072

       【モスクワ共同】中央アジアのキルギスで、大統領や首相、スポーツ選手らに外国訪問時や公的..... [ 記事へ ]