出版案内
福祉事業団

パーキンソン病の進行抑制化合物 京大教授ら開発

 細胞のエネルギーの基となるATP(アデノシン三リン酸)の量を調整することでパーキンソン病の進行を抑える化合物を、京都大生命科学研究科の垣塚彰教授らがマウスの実験によって見つけた。ほかの神経の病気への応用も期待できるという。国際科学誌にこのほど発表した。

 パーキンソン病は千人に1人が発症し、神経伝達物質ドーパミンを作る神経細胞が変性し、手足の震えから進行して運動機能が失われる。神経細胞でのATP量の減少が背景にあるとされる。

 垣塚教授らは既に、ATPの分解を抑える化合物「KUS剤」は開発していた。さらに今回は、ATPの産生を促す作用を持つ化合物「エスクレチン」を、約10万種の中から発見した。パーキンソン病モデルのマウスに投与したところ、KUS剤もエスクレチンのいずれにおいても、ATP量の低下が抑えられ、細胞死が少なくなった。運動能力の低下も抑制された。

 垣塚教授は「ATP量の低下が背景にある病気は多い。応用の幅は広いはず」と話している。

【 2017年09月12日 16時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      シリアとイラクへの渡航認めず
      新潟のカメラマン申請も

      20171117000146

       外務省から旅券返納命令を受け、シリアとイラクへの渡航を制限した旅券を交付された新潟市の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スピードW杯、小平奈緒2種目V
      女子最多

      20171117000185

       【スタバンゲル(ノルウェー)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は17..... [ 記事へ ]

      経済

      米テスラ、電動トラック発表
      時速400キロの新型車も

      20171117000119

       【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)メーカーのテスラは16日、同社として初の商用車..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ICOM京都大会プレ大会、舞鶴市に決定通知 19年9月開催

      20171117000121

       来年9月30日に京都府舞鶴市での開催が決まった2019年のICOM(国際博物館会議)京..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      小池都知事、喫煙厚労省案を批判
      「やる気あるのか」

      20171117000161

       東京都の小池百合子知事は17日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正を巡り、厚生労働省..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの大物マフィアが死亡
      「ボスの中のボス」

      20171117000164

       【ローマ共同】イタリア南部シチリア島の大物マフィアとして知られ、「ボスの中のボス」と恐..... [ 記事へ ]