出版案内
福祉事業団

パーキンソン病の進行抑制化合物 京大教授ら開発

 細胞のエネルギーの基となるATP(アデノシン三リン酸)の量を調整することでパーキンソン病の進行を抑える化合物を、京都大生命科学研究科の垣塚彰教授らがマウスの実験によって見つけた。ほかの神経の病気への応用も期待できるという。国際科学誌にこのほど発表した。

 パーキンソン病は千人に1人が発症し、神経伝達物質ドーパミンを作る神経細胞が変性し、手足の震えから進行して運動機能が失われる。神経細胞でのATP量の減少が背景にあるとされる。

 垣塚教授らは既に、ATPの分解を抑える化合物「KUS剤」は開発していた。さらに今回は、ATPの産生を促す作用を持つ化合物「エスクレチン」を、約10万種の中から発見した。パーキンソン病モデルのマウスに投与したところ、KUS剤もエスクレチンのいずれにおいても、ATP量の低下が抑えられ、細胞死が少なくなった。運動能力の低下も抑制された。

 垣塚教授は「ATP量の低下が背景にある病気は多い。応用の幅は広いはず」と話している。

【 2017年09月12日 16時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      再稼働控え、大飯原発を視察 京都府や30キロ圏市町関係者

      20170919000200

       来年1月以降に再稼働が計画されている関西電力大飯原発(福井県おおい町)3、4号機を、京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド、男子単で西本らが予選突破
      ジャパン・オープン

      20170919000210

       バドミントンのジャパン・オープンは19日、東京体育館で開幕し、男子シングルスは昨年の全..... [ 記事へ ]

      経済

      スプリント、Tモバイルと合併か
      ソフトバンク傘下、テレビ報

      20170920000007

       【ニューヨーク共同】米CNBCテレビは19日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の移ろい眺め1200年 東寺五重塔、ドローン撮影

      20170919000083

       京都のランドマークとしてそびえ立つ塔の脇から、ドローンを少しずつ上昇させる。各層の屋根..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      卵子の元、ES細胞から作る 京大、マウスで仕組み解明

      20170919000182

       卵子の元となる「卵母細胞」ができるのに必要なビタミンなどを、京都大医学研究科の斎藤通紀..... [ 記事へ ]

      国際

      カラシニコフ氏の銅像除幕
      モスクワ、自動小銃AK47開発

      20170919000189

       【モスクワ共同】世界の紛争地で今日も広く使われ「人類史上、最も多くの人を殺した武器」と..... [ 記事へ ]