出版案内
福祉事業団

iPSで生体並み心筋シート 京大などラット移植成功

マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)
マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)

 マイクロファイバーを使ってヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から心筋細胞をシート状に培養することに、京都大物質-細胞統合システム拠点の劉莉(りゅうり)准教授や大阪大医学系研究科の南一成准教授らが成功した。生体に近い状態で心筋を作製できたといい、再生医療や薬剤開発へ応用が期待できる。米科学誌ステム・セル・リポーツに27日、発表する。

 iPS細胞を使った心筋シートは、再生医療への応用が期待されている。しかし現状の技術では、心筋の配列が生体と異なるなど課題が残っている。

 グループは、生体内で分解される高分子化合物を使った直径1~2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のファイバーを同じ方向で多数並べた縦横1センチのシートを作製。シート上でヒトiPS細胞から作った心筋細胞を培養した。

 結果、生体の心筋に近い構造を持った厚さ数百マイクロメートルの心筋シートとなり、従来型より細胞の成熟度が高くなった。慢性心筋梗塞を起こさせたラットの心臓に移植して1カ月後には心機能が回復し、拒絶反応も少なかった。

 また、移植していない状態での心筋シートでは、細胞の拍動に合わせて生じる電気活動も安定していた。薬剤開発時の心臓への毒性検査に活用できる可能性があるという。

 劉准教授は「ヒトに応用する時に適したシートの厚さなど、今後も検討を重ねていきたい」と話している。

【 2017年10月27日 01時58分 】

ニュース写真

  • マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      茶のしずく「安全性欠く」 京都地裁、販売業者に賠償命令

      20180220000203

       「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使って、重い小麦アレルギーを発症したとして、京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      宮原、好調「思い切って」 平昌五輪SP前日の最終調整

      20180220000206

       平昌五輪フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)を翌日に控えた宮原知子(関大..... [ 記事へ ]

      経済

      ウーバー配車、全国展開へ
      20年めど、地域タクと提携

      20180220000188

       来日中の米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      回る音響彫刻、初披露へ 京都で3月、ダンスと共演

      20180220000130

       1970年の大阪万博で展示された「音響彫刻」を基に、京都市立芸術大の学生たちが新たな音..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大阪大、口内医療にAI活用構想
      がんや口内炎、虫歯の診療

      20180220000142

       大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内..... [ 記事へ ]

      国際

      南アフリカ「世界初」干ばつ危機
      観光地、水供給停止も

      20180220000165

       【ケープタウン共同】南アフリカの主要都市ケープタウンが、数年にわたる干ばつで深刻な水不..... [ 記事へ ]