出版案内
福祉事業団

国語・数学で初の記述式問題 京都・滋賀で共通テスト試行

大学入学共通テスト試行調査の問題を配布され、開始を待つ高校生たち(京都市内)
大学入学共通テスト試行調査の問題を配布され、開始を待つ高校生たち(京都市内)

 現行の大学入試センター試験の後継として2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の試行調査が13日、全国の国公私立高などで始まった。実施する大学入試センター(東京都)は試行調査での正答率や採点態勢などを検証して問題を洗練させていく。京都・滋賀では計64校の生徒約6800人が試行に参加する。

 試行調査は47都道府県の学校の約38%に当たる約1900校、延べ約19万人の生徒が受ける予定。初めて記述式の問題が導入される国語と数学Ⅰ・Aのほか、マークシート式の数学Ⅱ・Bや地歴公民、理科の各科目を行う。各校ごとに原則1~2科目が割り振られ、13~24日の間で任意の日時を決めて実施。京都市内の公立高ではこの日、午前10時前から2年生約80人が国語の問題に取り組んだ。

 英語の試行調査は来年2月13日~3月3日に行う予定で、今後実施校を決める。来年11月には大学を会場として、より本番に近い形で行う。19年度に実施大綱をまとめ、21年1月に本番を迎える。今回の試行調査の問題は12月上旬に公表する予定。

■大学入学共通テスト グローバル社会で活躍できる人材の育成を掲げる大学入試改革の一環として導入する。国語と数学では、マークシート式問題に加え記述式も採用する。英語は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価するため、大学入試センターが認めた民間検定試験を活用。2020年度から23年度までは移行期間として共通テストのマーク式も併存させ、24年度からは民間検定試験に全面移行する予定で、センターは本年度中に、共通テストで利用できる民間検定試験を認定する。

【 2017年11月13日 15時36分 】

ニュース写真

  • 大学入学共通テスト試行調査の問題を配布され、開始を待つ高校生たち(京都市内)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース

      政治・社会

      野党、首相の施政方針に反発
      「都合の良い数字でごまかし」

      20180122000193

       野党各党は22日、安倍晋三首相の施政方針演説について「都合の良い数字や事実を並べ立て、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ハンブルガーSVに新監督
      酒井高、伊藤が所属

      20180122000218

       サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは22日、現役..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、18年は1・2%成長
      IMF、予想を上方修正

      20180122000222

       【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は22日、世界経済見通しを改定し、日本の実質経..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]

      国際

      パリ万博、仏政府は断念
      遺憾と誘致委員長

      20180122000213

       【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)のパリ誘致を目指し、大阪市などと争ってきたフラ..... [ 記事へ ]