出版案内
福祉事業団

ヘビ型ロボットで災害救助
東北大、人の声聞き分け

 災害時に、がれきの中に取り残された人を捜すヘビ型ロボットを東北大などのグループが開発し、1日、報道陣に公開した。超小型マイクを備え、助けを求める人間の声を聞き分けられるのが特長だ。迅速な救助につながることが期待できるという。

 ロボットは、ホース状で長さ約10メートル。先端に付いたカメラの映像を見ながら操縦し、数センチのがれきの隙間をぬって進ませることができる。これまでは、ロボット自身の駆動音がうるさく、救助要請を聞き分けることが難しかったが、雑音の中に埋もれた人の声を強調して拾う技術を開発。超小型マイクに利用することで、雑音と区別できるようになった。

【 2016年06月01日 17時25分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      ナヤマズンが異議あり 滋賀弁護士会LINEスタンプ

      20170325000146

       滋賀県の弁護士らが、滋賀弁護士会マスコットキャラクター「ナヤマズン」を使った無料通信ア..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Bリーグ、栃木とA東京がPOへ
      バスケットボール男子

      20170325000132

       バスケットボール男子のBリーグは25日、宇都宮市体育館などで9試合が行われ、東地区首位..... [ 記事へ ]

      経済

      寝具メーカー・ロマンス小杉、SOUSOUとコラボ

      20170325000144

       寝具メーカーのロマンス小杉(京都市下京区)は、京都の服飾ブランド「SOU・SOU」と商..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ハート形アジサイのお守りと絵馬 京都・宇治の三室戸寺

      20170325000145

       花の寺として知られる京都府宇治市莵道の三室戸寺。境内には約1万株のアジサイが植えられて..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「今までありがとう」、学びやに幕 3小学校で閉校式、京都

      20170325000064

       学校統合により今月末で閉校する醒泉小と淳風小(ともに京都市下京区)、二の丸北小(伏見区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「挑戦し続けることが大切」 京都、飛行士の山崎さん講演

      20170325000044

       宇宙飛行士の山崎直子さん(46)を招いた講演会が24日、京都府京丹後市峰山町の府丹後文..... [ 記事へ ]