出版案内
福祉事業団

ESから体外培養で精子幹細胞 京大グループ、不妊治療に期待

マウスES細胞から作製した精子幹細胞(石藏研究員提供)
マウスES細胞から作製した精子幹細胞(石藏研究員提供)

 さまざまな細胞や組織になれるマウスのES細胞(胚性幹細胞)から、体外の培養のみで精子を生み出す基となる「精子幹細胞」を作ることに、京都大医学研究科の斎藤通紀教授や石藏友紀子研究員らのグループが成功した。ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から精子を作る技術の開発につながる成果で、米科学誌セル・リポーツで7日発表する。

 斎藤教授のグループは、マウスのES細胞やiPS細胞から精子を既に作製している。今回の精子幹細胞の作製は、体外の培養のみで精子を作る上で重要なステップとなる。また精子幹細胞は、大人の雄の精巣に移植すれば精子を作れるため、男性不妊治療への応用も可能となる。

 従来の方法ではES・iPS細胞から精子幹細胞の前段階である「始原生殖細胞」を作り、それを子どもの雄の精巣に移植して精子にしていた。グループは今回、ES細胞から作った始原生殖細胞をマウス胎児の精巣の細胞とともに約20日間培養することで精子幹細胞を作製した。この精子幹細胞を大人のマウスの精巣に移植して精子を作り、その精子を使って健常な子どもができることを確認した。

 ヒトiPS細胞から精子を作る技術の開発に関しては、斎藤教授のグループが始原生殖細胞の作製までは成功している。斎藤教授は「人の場合は、胎児の精巣の細胞をヒトiPS細胞を使って作製し、その細胞と始原生殖細胞を一緒に培養して精子幹細胞を作ることが目標であり、研究を進める」と話している。

【 2016年12月07日 08時53分 】

ニュース写真

  • マウスES細胞から作製した精子幹細胞(石藏研究員提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      前原氏、滋賀で「希望」の応援演説 合流に理解求める

      20171018000173

       民進党の前原誠司代表が18日、滋賀県近江八幡市内で街頭演説した。森友・加計学園問題や経..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      羽生が4回転ルッツ練習
      フィギュアのロシア杯

      20171018000186

       【モスクワ共同】フィギュアスケートの平昌冬季五輪シーズンの本格的な到来を告げるグランプ..... [ 記事へ ]

      経済

      京セラ、鹿児島の工場増強へ データ処理で半導体需要増

      20171018000140

       京セラは18日、半導体や液晶パネルの製造装置に使う部品を生産する国分工場(鹿児島県霧島..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ねねの生涯、闇夜に浮かぶ 京都・高台寺で夜間点灯

      20171018000165

       京都市東山区の高台寺で21日から秋の夜間特別拝観が始まるのを前に、方丈前庭に映像を投影..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      日米原子力協定延長へ
      米エネルギー副長官が明言

      20171018000119

       来日中のブルイエット米エネルギー副長官は18日、来年7月に30年の期限を迎える日米原子..... [ 記事へ ]