出版案内
福祉事業団

ESから体外培養で精子幹細胞 京大グループ、不妊治療に期待

マウスES細胞から作製した精子幹細胞(石藏研究員提供)
マウスES細胞から作製した精子幹細胞(石藏研究員提供)

 さまざまな細胞や組織になれるマウスのES細胞(胚性幹細胞)から、体外の培養のみで精子を生み出す基となる「精子幹細胞」を作ることに、京都大医学研究科の斎藤通紀教授や石藏友紀子研究員らのグループが成功した。ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から精子を作る技術の開発につながる成果で、米科学誌セル・リポーツで7日発表する。

 斎藤教授のグループは、マウスのES細胞やiPS細胞から精子を既に作製している。今回の精子幹細胞の作製は、体外の培養のみで精子を作る上で重要なステップとなる。また精子幹細胞は、大人の雄の精巣に移植すれば精子を作れるため、男性不妊治療への応用も可能となる。

 従来の方法ではES・iPS細胞から精子幹細胞の前段階である「始原生殖細胞」を作り、それを子どもの雄の精巣に移植して精子にしていた。グループは今回、ES細胞から作った始原生殖細胞をマウス胎児の精巣の細胞とともに約20日間培養することで精子幹細胞を作製した。この精子幹細胞を大人のマウスの精巣に移植して精子を作り、その精子を使って健常な子どもができることを確認した。

 ヒトiPS細胞から精子を作る技術の開発に関しては、斎藤教授のグループが始原生殖細胞の作製までは成功している。斎藤教授は「人の場合は、胎児の精巣の細胞をヒトiPS細胞を使って作製し、その細胞と始原生殖細胞を一緒に培養して精子幹細胞を作ることが目標であり、研究を進める」と話している。

【 2016年12月07日 08時53分 】

ニュース写真

  • マウスES細胞から作製した精子幹細胞(石藏研究員提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      中川久定氏死去 京都大名誉教授、元京都国立博物館長

      20170622000167

       中川 久定氏(なかがわ・ひさやす=元京都国立博物館長、京都大名誉教授、フランス文学史・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マーリンズが田沢を出場選手登録
      脇腹痛で故障者リスト入り

      20170623000019

       【マイアミ共同】米大リーグ、マーリンズは22日、脇腹痛で故障者リスト(DL)入りしてい..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、12ドル安
      金融、小売り下げ

      20170623000017

       【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      第38代クイーン決まる 京都・舞鶴をPR

      20170622000093

       京都府舞鶴市の夏の一大イベント「みなと舞鶴ちゃったまつり」に合わせて第38代「クイーン..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都の黄大豆、学生が再興 地産地消へ食品化目指す

      20170622000090

       京都産業大の学生グループが京都市左京区静市静原町で、京都市内の大豆問屋と地域住民の協力..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中間貯蔵施設の試運転公開、福島
      除染廃棄物を分別

      20170622000110

       環境省は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で出た廃棄物を保管する中間..... [ 記事へ ]