出版案内
福祉事業団

「日本一の湖で」 国立環境研琵琶湖分室開設へ協定

国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)内に開設されるのを前に、県と国環研、環境省は17日、湖沼環境研究で協力する基本協定を結んだ。

 琵琶湖分室の開設は、政府機関の地方移転基本方針に沿って昨年3月に決定された。国環研の研究者ら10人程度が常駐する予定で、県の研究者とともに生態系に配慮した水質管理方法の検討や水草の適正管理、在来魚介類の回復などにつながる研究を進める。企業や大学、県内市町などとも連携し、研究成果を水環境ビジネスにつなげる取り組みも進める。

 大津市の県公館で、三日月大造知事と国環研の住明正理事長、環境省総合環境政策局の奥主喜美局長が協定書を交わした。住理事長は「社会は大きく変わっており、環境研究に終わりはない。日本一の琵琶湖で県センターと共同研究を進め、成果の最大化を図りたい」と強調。三日月知事は「湖沼環境研究をリードする国環研に来てもらうことは長年の願いだった。研究で得られた知見を水質測定機器の開発などにも活用し、地方創生につなげたい」と期待を寄せた。

【 2017年02月17日 22時28分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      大分の不明女性「情報を」、県警
      半年でチラシ配布

      20170324000042

       大分市内のアパートで1人暮らしをしていた会社員五條堀美咲さん(25)が行方不明となって..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      WBC、観客動員は過去最高
      テレビ視聴率や商品売り上げも

      20170324000048

       【ニューヨーク共同】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(..... [ 記事へ ]

      経済

      製菓の独ハリボー、米に新工場
      グミで有名、雇用増に貢献

      20170324000023

       【ニューヨーク共同】カラフルなクマ形のグミ「ゴールドベア」で知られるドイツの製菓会社ハ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      天橋立の魅力PRします 京都・宮津、プリンセスに3人

      20170324000049

       天橋立観光協会(京都府宮津市)の第19代「プリンセス天橋立」がこのほど決まった。地元出..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      6年間の思い出胸に、巣立ちの春 京都府内公立小で卒業式

      20170323000066

       京都府内の多くの公立小学校で23日、卒業式が行われた。児童が6年間の思い出や中学校生活..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      鳥インフル宮城で22万羽殺処分
      千葉も6万羽、高病原性確認

      20170324000004

       宮城県は24日、同県栗原市の養鶏場で21日以降に死んだ鶏を遺伝子検査した結果、H5型の..... [ 記事へ ]