出版案内
福祉事業団

「日本一の湖で」 国立環境研琵琶湖分室開設へ協定

国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)内に開設されるのを前に、県と国環研、環境省は17日、湖沼環境研究で協力する基本協定を結んだ。

 琵琶湖分室の開設は、政府機関の地方移転基本方針に沿って昨年3月に決定された。国環研の研究者ら10人程度が常駐する予定で、県の研究者とともに生態系に配慮した水質管理方法の検討や水草の適正管理、在来魚介類の回復などにつながる研究を進める。企業や大学、県内市町などとも連携し、研究成果を水環境ビジネスにつなげる取り組みも進める。

 大津市の県公館で、三日月大造知事と国環研の住明正理事長、環境省総合環境政策局の奥主喜美局長が協定書を交わした。住理事長は「社会は大きく変わっており、環境研究に終わりはない。日本一の琵琶湖で県センターと共同研究を進め、成果の最大化を図りたい」と強調。三日月知事は「湖沼環境研究をリードする国環研に来てもらうことは長年の願いだった。研究で得られた知見を水質測定機器の開発などにも活用し、地方創生につなげたい」と期待を寄せた。

【 2017年02月17日 22時28分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の4月開設に向け、湖沼環境研究分野で連携する協定書を交わす(左から)住理事長、三日月知事、奥主局長=大津市・滋賀県公館
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      森友学園、業者「刺激臭ひどく」
      小学校用地のごみ撤去

      20170226000094

       大阪府豊中市の国有地を、学校法人「森友学園」(大阪市)が小学校建設用地として評価額より..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      複合団体、日本は前半2位
      世界ノルディック第5日

      20170226000098

       【ラハティ(フィンランド)共同】ノルディックスキーの世界選手権第5日は26日、フィンラ..... [ 記事へ ]

      経済

      小型クロマグロ豊漁も困惑 京都府、他の魚揚げられず

      20170226000017

       京都府内の定置網漁による太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が2月に急増し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      地震古文書、みんなで解読 京都大研究者らアプリ開発

      20170226000078

       地震関係の古文書に記された崩し字を活字に起こすプロジェクトを、京都大の研究者グループが..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      難聴高校生の授業支え 教員の声、タブレットで文字に

      20170226000054

       障害者差別解消法施行を受け、京都府教育委員会は昨秋から、聴覚に障害のある高校生への支援..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「核燃料取り出しへ本腰」
      事故6年を前に東電幹部

      20170226000067

       東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏最高責任者が26日までに共同通信のインタビ..... [ 記事へ ]