出版案内
福祉事業団

99歳女性手術、大動脈弁の治療成功 滋賀医大病院、国内最高齢

カテーテルを使った生体弁の留置術を説明する山本講師(大津市・滋賀医科大付属病院)
カテーテルを使った生体弁の留置術を説明する山本講師(大津市・滋賀医科大付属病院)

 滋賀医科大付属病院(大津市)は13日、大動脈弁狭窄(きょうさく)症を患う長浜市の99歳女性が、同症の新しい治療法である「経カテーテル大動脈弁留置術」(TAVI)を受け、治療に成功したと発表した。脚の付け根から入れたカテーテルで生体弁を心臓まで運び、全身に血液を送り出す機能を回復させた。胸にメスを入れる外科手術より格段に回復が早く、同病院によると、国内最高齢の成功例。担当医師は「新しい治療の選択肢が増えたことを知ってほしい」としている。

 同症は心臓の大動脈弁が加齢で硬くなることで開きにくくなり、十分な量の血液が全身に送り出せなくなる病気。心臓内に強い負荷がかかり、突然死に至る可能性もある。女性は昨年12月に同病院に転院したが、人工心肺を使って負担の大きい開胸手術が難しい一方、99歳ながら普段から畑仕事をするなど活動的だったため、医療チームで検討した結果、体への負担が少ないTAVIを選択した。

 治療は12月26日に実施。右脚の付け根から、牛の心膜からつくった生体弁を先端部に付けたバルーン(風船)カテーテルを挿入して心臓まで到達させ、バルーンを大動脈弁の内側で広げて生体弁を留め置いた。大動脈が極度に蛇行し、カテーテルを通す過程で血管が破れる心配もあったが、約2時間40分で治療を終えた。女性は翌日から食事ができ、2日後からリハビリを開始。2月13日に自宅に戻った。

 カテーテルを挿入した循環器内科の山本孝講師は、高齢だったが患者本人も家族も治療に前向きだった背景を説明し、「どんな患者さんにもTAVIが最善でないが、高齢というだけで治療を諦める必要はない」と話す。

【 2017年03月13日 22時30分 】

ニュース写真

  • カテーテルを使った生体弁の留置術を説明する山本講師(大津市・滋賀医科大付属病院)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      大久保氏再選、新人2人を破る 滋賀・彦根市長選

      20170423000126

       任期満了に伴う滋賀県彦根市長選は23日、投開票され、無所属現職の大久保貴氏(53)が、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、本田は終盤に出場
      イタリア・セリエA

      20170424000001

       【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で、本田圭佑のACミ..... [ 記事へ ]

      経済

      「生活に最低限の所得給付を」 京都でスイスの活動家らシンポ

      20170423000099

       暮らしに必要な所得を全員一律に支給する「ベーシックインカム(BI)」について、スイスで..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      特産の天然砥石で研ぎ体験 京都、展示施設リニューアル

      20170423000036

       京都府亀岡市の特産品を紹介する展示・体験施設「森のステーションかめおか」が22日、同市..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      学生アート、作者と会話楽しんで 京都のギャラリーで展示販売

      20170422000121

       芸術系の学生らの作品を見学、購入できる「クリエイターズマルシェ」が22日、京都市中京区..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      サンゴ白化防止、新たな保護区を
      専門家会議が緊急提言

      20170423000103

       沖縄県や鹿児島県で昨年、過去最大級のサンゴの白化現象が起きたのを受けて、環境省は23日..... [ 記事へ ]