出版案内
福祉事業団

太陽光発電普及働きかけ 京都・宇治の団体

太陽光発電設備の普及についての会議を開く「おひさまプロジェクト」のメンバーたち(宇治市宇治・市職員会館)
太陽光発電設備の普及についての会議を開く「おひさまプロジェクト」のメンバーたち(宇治市宇治・市職員会館)

 京都府宇治市の住民や企業・団体でつくる市地球温暖化対策推進パートナーシップ会議「eco(エコ)ット宇治」は、市内に太陽光発電設備を増やす取り組み「おひさまプロジェクト」を立ち上げた。メンバーは市内の保育所や幼稚園に設置を働き掛けるなど、再生可能エネルギーの普及に力を入れていく。

 ecoット宇治はエネルギー問題を巡っては省エネを中心に活動してきたが、温室効果ガスの排出を減らすには再生可能エネルギーの拡大が必要と判断した。1月にプロジェクトを開始した。

 取り組みを通して子どもたちが地球温暖化問題を学ぶ機会になればと、普及対象を市内の私立保育所や幼稚園とした。これまでに活動の趣旨を説明した資料を各施設に送ったほか、航空写真を使って屋根の形状や向きが太陽光発電に向いているか調べている。

 関心を示す保育所や幼稚園には、府内で太陽光発電設備の設置を支援している認定NPO法人「きょうとグリーンファンド」(京都市下京区)を紹介し、実現を後押しする。

 9日午前には、市役所近くにある市職員会館(宇治市宇治)でプロジェクトのメンバー9人による会議が開かれた。太陽光発電設備の設置にかかる費用の概算や府の補助制度について学び、説明に回る場所の振り分けをした。

 プロジェクトのリーダーを務めるecoット宇治運営委員の金澤良彦さん(74)は「1件でも多く設置が進むように頑張り、次世代を担う子どもたちに再生可能エネルギーの大切さを伝えたい」と意気込んでいる。

【 2017年03月19日 20時57分 】

ニュース写真

  • 太陽光発電設備の普及についての会議を開く「おひさまプロジェクト」のメンバーたち(宇治市宇治・市職員会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      陶芸で交流、友好都市5年
      益子と英セントアイブス

      20170921000029

       【ロンドン共同】伝統工芸の益子焼で知られる栃木県益子町と、同じく陶芸の里として有名な英..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      自転車でフィギュアとサッカー 滋賀、独代表ジュニアが妙技

      20170921000053

       室内自転車競技のドイツ代表ジュニアチームが20日、滋賀県彦根市松原町の近江高を訪問し、..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値は2万0479円
      2年1カ月ぶり高値

      20170921000069

       21日午前の東京株式市場は日経平均株価(225種)が続伸、上げ幅は一時100円を超え、..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平安神宮の龍尾壇など3件 重文修復国庫補助3次決定分を発表

      20170920000079

       京都府教育委員会は19日、重要文化財や国史跡などの保存修復や防災に充てる国庫補助事業の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      お弁当「温かい。おいしい」 京都・亀岡の中学校で試食会

      20170921000050

       公立中学校で、家庭の弁当以外にも、業者の弁当を選択式で導入する亀岡市教育委員会は、早け..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      最大級の磁気嵐、江戸時代に発生
      京都でオーロラも、解析で一

      20170921000049

       江戸時代の1770年に、太陽の爆発現象によるとみられる史上最大級の磁気嵐が発生していた..... [ 記事へ ]