出版案内
福祉事業団

太陽光発電普及働きかけ 京都・宇治の団体

太陽光発電設備の普及についての会議を開く「おひさまプロジェクト」のメンバーたち(宇治市宇治・市職員会館)
太陽光発電設備の普及についての会議を開く「おひさまプロジェクト」のメンバーたち(宇治市宇治・市職員会館)

 京都府宇治市の住民や企業・団体でつくる市地球温暖化対策推進パートナーシップ会議「eco(エコ)ット宇治」は、市内に太陽光発電設備を増やす取り組み「おひさまプロジェクト」を立ち上げた。メンバーは市内の保育所や幼稚園に設置を働き掛けるなど、再生可能エネルギーの普及に力を入れていく。

 ecoット宇治はエネルギー問題を巡っては省エネを中心に活動してきたが、温室効果ガスの排出を減らすには再生可能エネルギーの拡大が必要と判断した。1月にプロジェクトを開始した。

 取り組みを通して子どもたちが地球温暖化問題を学ぶ機会になればと、普及対象を市内の私立保育所や幼稚園とした。これまでに活動の趣旨を説明した資料を各施設に送ったほか、航空写真を使って屋根の形状や向きが太陽光発電に向いているか調べている。

 関心を示す保育所や幼稚園には、府内で太陽光発電設備の設置を支援している認定NPO法人「きょうとグリーンファンド」(京都市下京区)を紹介し、実現を後押しする。

 9日午前には、市役所近くにある市職員会館(宇治市宇治)でプロジェクトのメンバー9人による会議が開かれた。太陽光発電設備の設置にかかる費用の概算や府の補助制度について学び、説明に回る場所の振り分けをした。

 プロジェクトのリーダーを務めるecoット宇治運営委員の金澤良彦さん(74)は「1件でも多く設置が進むように頑張り、次世代を担う子どもたちに再生可能エネルギーの大切さを伝えたい」と意気込んでいる。

【 2017年03月19日 20時57分 】

ニュース写真

  • 太陽光発電設備の普及についての会議を開く「おひさまプロジェクト」のメンバーたち(宇治市宇治・市職員会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      滋賀・比良山系、うっすら初冠雪 昨年より9日遅く

      20171120000021

       彦根地方気象台は19日、滋賀県内の比良山系で初冠雪を観測したと発表した。山頂付近がうっ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      釜本さん姉、東京パラへPR「選手と共通の夢持てる」

      20171120000016

       サッカー元日本代表の釜本邦茂さんの姉、美佐子さん(76)=京都市右京区出身=が日本ブラ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]