出版案内
福祉事業団

「再稼働、容認できない」 滋賀知事が大飯原発視察 

関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町
関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町

 滋賀県の三日月大造知事は20日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)を視察した。早ければ夏にも再稼働が見込まれる3、4号機の新たな防災対策について、関電側から説明を受けた。

 国は、被ばく回避のための防護措置や避難計画など、同原発の緊急時対応の取りまとめを進めている。視察は、原発が集中立地する福井県の隣接県知事として、同原発の安全対策や事故時の課題を探るのが目的。三日月知事が同原発を訪れたのは初めて。

 三日月知事は3、4号機で事故が起きた際の現場指揮所となる緊急時対策所を視察した。現在1、2号機の建屋内にある対策所と、新たに構内に設ける対策所の建設現場を確認した。電源を失っても原子炉を冷やすための海水を注入できるよう導入された大容量ポンプや電源車の説明も受けた。

 約2時間の視察を終えた三日月知事は「福島の事故を教訓に、さまざまな課題を克服すべく対策を取っていた」とする一方、「実効性のある多重防護体制の確立はまだ道半ば。滋賀県として、3、4号機の再稼働を容認できる環境にはない」と従来の立場をあらためて表明した。

 この日は原発視察に先立ち、大飯原発から半径約30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)にある滋賀県高島市今津町保坂のモニタリングポストや、UPZ内の山間地にあり9世帯12人が暮らす同町の天増(あます)川区も訪れ、避難ルートの現状などを確認した。

【 2017年03月20日 23時00分 】

ニュース写真

  • 関西電力大飯原発の新たな安全対策を視察する三日月知事(左から3人目)=福井県おおい町
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      復旧に向け土砂撤去開始
      けが6人に、岐阜の中央道

      20170819000012

       車4台を巻き込んだ岐阜県瑞浪市の中央自動車道での土砂崩れで、中日本高速道路は19日、現..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      滋賀のお家芸久々に存在感 インターハイ・ボート男子

      20170819000070

       今月、宮城県であった全国高校総体(インターハイ)ボート男子のシングルスカルで、瀬田工業..... [ 記事へ ]

      経済

      学術無線LAN、京都の旅館で 宿泊施設導入は国内初

      20170819000032

       京都市中京区の旅館こうろは18日、国内外の教育・研究機関で利用されている無線LANの相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      自然生かし攻めの集客 京都・世屋高原の宿泊施設

      20170819000057

       京都府宮津市北部の標高約500メートルの世屋高原にあり、完成から33年がたつ市営宿泊施..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・八木中学の美化活動を表彰 日本観光振興協会

      20170819000054

       京都南丹市花火大会終了後の清掃活動に毎年取り組んでいる京都府南丹市八木町の八木中が、日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      H2A打ち上げへ最終準備
      衛星みちびき搭載

      20170819000040

       政府の人工衛星「みちびき3号機」を搭載したH2Aロケット35号機の打ち上げに向け、三菱..... [ 記事へ ]