出版案内
福祉事業団

よーい・どんで最大0.04秒差 立命大、走りに影響調査

スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)
スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)

 陸上競技短距離走における競技者のスタート反応は、ピストル音が鳴るタイミングが早いか遅いかによって左右されることを、立命館大スポーツ健康科学部の大塚光雄助教らのグループが現役選手による実験で突き止めた。ピストル音が鳴るのが早い場合より遅い場合の方が、最大0.04秒早く反応できた。国際科学誌で18日発表した。

 短距離走では「よーい」を意味する「セット」の掛け声を経て、「どん」に当たるピストル音が鳴らされるが、「よーい」と「どん」の間隔に明確なルールはない。

 グループが2012年から15年までの五輪、世界選手権の83レースについてセットからピストル音までの間隔を調べたところ、約1・45秒から約2・30秒までさまざまだったことから、間隔のばらつきがスタート反応に及ぼす影響を調べた。

 実験には20代男性で国際大会の経験もある7人の選手が参加し、セットとピストル音の間隔が1・465~2・096秒の間の5通りでスタート反応を調べた。筋肉の動きを感知するセンサーやハイスピードカメラ映像の分析から、ピストル音から体が動き出すまでの時間は、「よーい」と「どん」の間隔が1・465秒の際は平均0・156秒だったのに対し、同2・096秒では0・117秒しかかからなかった。間隔が長いほど選手の緊張感が高まり、好スタートの要因になると考えられるという。

 ピストル音の鳴るタイミング次第で反応時間が0・01秒の単位で変わるという結果に、大塚助教は「レースごとにスタートの公平性を期すのであれば、セットとピストル音の間隔をルールで一定にする対策が必要になる」と話している。

【 2017年05月18日 12時33分 】

ニュース写真

  • スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      首相、過去に加計学園役員
      補佐官言動は調査せず

      20170530000043

       安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高安関、大関の伝達式へ
      「夢のような時間になる」

      20170530000067

       大相撲で大関昇進を確定させた関脇高安関(27)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=..... [ 記事へ ]

      経済

      4月消費支出1・4%減
      14カ月連続マイナス

      20170530000022

       総務省が30日発表した4月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      茶の発祥地で裏千家家元献茶 大津・日吉大社

      20170530000063

       日本の茶の発祥の地とされる日吉大社(大津市坂本5丁目)で29日、献茶式が営まれた。厳か..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      多忙な学校現場、働き方改革へ 滋賀県教委の会議初会合

      20170529000158

       滋賀県教育委員会は29日、学校現場の「働き方改革推進会議」の第1回会議を、大津市の県庁..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      広域避難体制や避難路整備を要望
      愛媛知事、原子力災害に備え

      20170529000084

       愛媛県の中村時広知事は29日、山本公一原子力防災担当相と東京都内で会談し、再稼働した四..... [ 記事へ ]