出版案内
福祉事業団

よーい・どんで最大0.04秒差 立命大、走りに影響調査

スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)
スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)

 陸上競技短距離走における競技者のスタート反応は、ピストル音が鳴るタイミングが早いか遅いかによって左右されることを、立命館大スポーツ健康科学部の大塚光雄助教らのグループが現役選手による実験で突き止めた。ピストル音が鳴るのが早い場合より遅い場合の方が、最大0.04秒早く反応できた。国際科学誌で18日発表した。

 短距離走では「よーい」を意味する「セット」の掛け声を経て、「どん」に当たるピストル音が鳴らされるが、「よーい」と「どん」の間隔に明確なルールはない。

 グループが2012年から15年までの五輪、世界選手権の83レースについてセットからピストル音までの間隔を調べたところ、約1・45秒から約2・30秒までさまざまだったことから、間隔のばらつきがスタート反応に及ぼす影響を調べた。

 実験には20代男性で国際大会の経験もある7人の選手が参加し、セットとピストル音の間隔が1・465~2・096秒の間の5通りでスタート反応を調べた。筋肉の動きを感知するセンサーやハイスピードカメラ映像の分析から、ピストル音から体が動き出すまでの時間は、「よーい」と「どん」の間隔が1・465秒の際は平均0・156秒だったのに対し、同2・096秒では0・117秒しかかからなかった。間隔が長いほど選手の緊張感が高まり、好スタートの要因になると考えられるという。

 ピストル音の鳴るタイミング次第で反応時間が0・01秒の単位で変わるという結果に、大塚助教は「レースごとにスタートの公平性を期すのであれば、セットとピストル音の間隔をルールで一定にする対策が必要になる」と話している。

【 2017年05月18日 12時33分 】

ニュース写真

  • スタート実験を再現した様子。セットからピストル音までの時間による被験者の反応時間の違いを解析した(大塚助教提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      連合、年収より月給引き上げを
      18年春闘、対決姿勢鮮明に

      20180124000140

       連合の神津里季生会長は24日、2018年春闘について記者会見し、経団連がボーナスや手当..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J1川崎の谷口が雪辱誓う
      2月10日ゼロックス杯へ

      20180124000131

       昨季のJ1で初優勝した川崎と、天皇杯全日本選手権を制したC大阪が対戦する富士ゼロックス..... [ 記事へ ]

      経済

      米FRB、3月利上げを議論へ
      30日から連邦公開市場委員会

      20180124000111

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は30日から2日間、金融政策を議論する..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻のチャーリー・チェイス映画発見 米喜劇俳優、京都で

      20180124000125

       戦前の無声映画の発掘や復元を進めている「おもちゃ映画ミュージアム」(京都市中京区壬生馬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      思い出の校舎、見納めで開放 京都・宮津小

      20180124000084

       宮津小(京都府宮津市外側)の新校舎建設に伴って解体される北校舎の「見納め開放」が28日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      山中教授「所長の職果たす」 iPS論文不正で謝罪 

      20180124000128

       京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授が24日、京都市内で講演した。 同研究所の助教に..... [ 記事へ ]