出版案内
福祉事業団

うちわヒント、高校生が高速フィン 国際フェア出場

水の抵抗を少なくする開閉弁を設けた自作のフィンを手に、フェアへの意気込みを語る早川さん(京都市中京区・市役所)
水の抵抗を少なくする開閉弁を設けた自作のフィンを手に、フェアへの意気込みを語る早川さん(京都市中京区・市役所)

 うちわが起こす空気の流れの特性を水中に応用して、効率良く泳げるフィン(足ひれ)を開発した塔南高(京都市南区)2年の早川優希さん(16)=伏見区=が、国際的な科学のコンテスト「インテル国際学生科学技術フェア」(米ロサンゼルス・14~19日)に2年連続で出場。体への負担を軽減し、ダイビングでの安全性向上や海難救助で効果が期待できる、という。快適な風を生むうちわの研究を発表した昨年に続く出場に、「開発の意義をしっかりアピールしたい」と意気込む。

 同コンテストは「科学のオリンピック」とも称される。早川さんの研究タイトルは「うちわが起こす流体の特性を応用した省エネフィンの開発」。小学6年からうちわの研究を始め、高校1年だった昨年、国内選考で最高賞の「内閣総理大臣賞」を2年連続で受賞した。

 前回のコンテストに出場した際は、上位の受賞を逃したが、「人類の役に立つ、クリエーティブな研究が多い。自分もこういう研究をしたい」と刺激を受けた。以前フィンを着けて海で泳いだ経験があり、うちわの研究で理解を深めた流体の特性を生かせないか、と思い立った。

 うちわの骨組みからヒントを得て水を真っすぐに押し出しやすいようフィンの表面に筋を設けたり、しなり具合を調節した。さらにうちわの骨組みの手元の部分には紙が貼られていないことに着目。足を動かす際の水の抵抗を少なくするため、フィンの中央部分に水を逃す開閉弁を設けた。同高の水泳部員4人にフィンを装着してもらって実験すると、標準的なもので泳いだ際に13秒22を要した25メートルの平均タイムは9秒08まで短縮された、という。

 2年連続の国際舞台を前に「結果として賞をもらえればうれしい」と語る早川さん。「去年の研究よりもさらに進歩したことを、多くの方に知ってほしい。しっかりプレゼンテーションしたい」と話している。

【 2017年05月18日 13時30分 】

ニュース写真

  • 水の抵抗を少なくする開閉弁を設けた自作のフィンを手に、フェアへの意気込みを語る早川さん(京都市中京区・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      福島市長に木幡氏初当選
      元復興局長、現職ら破る

      20171119000137

       任期満了に伴う福島市長選は19日投開票され、無所属新人で元復興庁福島復興局長の木幡浩氏..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小林潤が初優勝
      W杯ジャンプ男子個人

      20171120000001

       【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は1..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]