出版案内
福祉事業団

JR米原駅東口で基準超の鉛やヒ素 滋賀、健康影響なし

 滋賀県は18日、JR米原駅東口の県有地(米原市、約2・1ヘクタール)の一部から、土壌汚染対策法の基準を超える鉛やヒ素が検出されたと発表した。周辺住民への健康影響はないとしている。

 昨年10月から今年2月にかけ、県有地内の延べ212カ所の土壌を採取して調べた。このうち、5地点の土6検体の鉛含有量が基準値(土壌1キログラムあたり150ミリグラム)を上回った。最も含有量が高い検体は基準値の2倍を超えていた。また、11地点の15検体からは溶出量基準値(水1リットルあたり0・01ミリグラム)を超過するヒ素も検出。基準値の3倍を超える検体もあった。

 同地ではかつて、貨車の点検修理時などに鉛が使用されていたといい、03年にも鉛による土壌汚染が判明している。また、周辺の地下水からは自然由来のヒ素が検出されており、井戸水の飲用は禁じられているという。同地を含む米原駅東口一帯は、県や米原市がまちづくり事業区域として活用を検討している。県は「今後の土地利活用に影響がないよう対策を検討する」としている。

【 2017年05月18日 22時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラミレス監督、日本国籍取得へ
      日本球界で活躍

      20180123000005

       プロ野球DeNAのアレックス・ラミレス監督(43)は22日、今年中に日本国籍取得の手続..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、最高値更新
      政府閉鎖解除見通しで

      20180123000011

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      和楽器の糸、寒気で音色美しく 滋賀で製造進む

      20180122000176

       三味線や琴に使われる糸の製造が、滋賀県長浜市木之本町の「丸三ハシモト」で進んでいる。冬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チェック形骸化、有期雇用成果焦りか 京大iPS研論文不正

      20180122000216

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]