出版案内
福祉事業団

未分化のiPS細胞、効率よく除去 京大グループ開発

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を分化させて特定の細胞を作製する際に、未分化な状態で残った細胞を効率的に取り除く方法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授やイ・クァン研究員のグループが開発した。iPS細胞を使った再生医療の安全性の向上につながる成果で、米科学誌で19日発表する。

 未分化なiPS細胞は生体内で腫瘍化する恐れがあるため、移植前に除去する必要がある。これまで抗体などを使った方法が報告されているが、効率が悪かったり、分化した細胞にも毒性を示したりするなどの課題があった。

 グループは、ヒトiPS細胞の表面に特徴的に存在するタンパク質ALPに結合し、細胞死を引き起こす化合物の合成に成功した。この化合物を、未分化なiPS細胞とiPS細胞から作製した心筋細胞が混在したシャーレに加えると、未分化細胞だけがほぼ完全になくなることを確かめた。

 齊藤教授は「今回開発した化合物は、iPS細胞以外にはほとんど毒性がなく、処理も容易で実用性が高い。臨床用の細胞の作製時にも使用できる可能性がある」と話している。

【 2017年05月19日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      首相、過去に加計学園役員
      補佐官言動は調査せず

      20170530000043

       安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高安関、大関の伝達式へ
      「夢のような時間になる」

      20170530000067

       大相撲で大関昇進を確定させた関脇高安関(27)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=..... [ 記事へ ]

      経済

      4月消費支出1・4%減
      14カ月連続マイナス

      20170530000022

       総務省が30日発表した4月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      茶の発祥地で裏千家家元献茶 大津・日吉大社

      20170530000063

       日本の茶の発祥の地とされる日吉大社(大津市坂本5丁目)で29日、献茶式が営まれた。厳か..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      多忙な学校現場、働き方改革へ 滋賀県教委の会議初会合

      20170529000158

       滋賀県教育委員会は29日、学校現場の「働き方改革推進会議」の第1回会議を、大津市の県庁..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      広域避難体制や避難路整備を要望
      愛媛知事、原子力災害に備え

      20170529000084

       愛媛県の中村時広知事は29日、山本公一原子力防災担当相と東京都内で会談し、再稼働した四..... [ 記事へ ]