出版案内
福祉事業団

未分化のiPS細胞、効率よく除去 京大グループ開発

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を分化させて特定の細胞を作製する際に、未分化な状態で残った細胞を効率的に取り除く方法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授やイ・クァン研究員のグループが開発した。iPS細胞を使った再生医療の安全性の向上につながる成果で、米科学誌で19日発表する。

 未分化なiPS細胞は生体内で腫瘍化する恐れがあるため、移植前に除去する必要がある。これまで抗体などを使った方法が報告されているが、効率が悪かったり、分化した細胞にも毒性を示したりするなどの課題があった。

 グループは、ヒトiPS細胞の表面に特徴的に存在するタンパク質ALPに結合し、細胞死を引き起こす化合物の合成に成功した。この化合物を、未分化なiPS細胞とiPS細胞から作製した心筋細胞が混在したシャーレに加えると、未分化細胞だけがほぼ完全になくなることを確かめた。

 齊藤教授は「今回開発した化合物は、iPS細胞以外にはほとんど毒性がなく、処理も容易で実用性が高い。臨床用の細胞の作製時にも使用できる可能性がある」と話している。

【 2017年05月19日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      福島市長に木幡氏初当選
      元復興局長、現職ら破る

      20171119000137

       任期満了に伴う福島市長選は19日投開票され、無所属新人で元復興庁福島復興局長の木幡浩氏..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小林潤が初優勝
      W杯ジャンプ男子個人

      20171120000001

       【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は1..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紅葉の京都に朝鮮通信使
      再現パレード華やかに

      20171119000129

       江戸時代を中心に、朝鮮国王が修好のため日本に派遣した外交使節団「朝鮮通信使」の行列を再..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「普遍的知識人」の時代終わり? 京都、浅田彰教授が講演

      20171119000108

       現代思想や芸術、文学などジャンルを横断して発言してきた京都造形芸術大の浅田彰教授が19..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]