出版案内
福祉事業団

未分化のiPS細胞、効率よく除去 京大グループ開発

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を分化させて特定の細胞を作製する際に、未分化な状態で残った細胞を効率的に取り除く方法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授やイ・クァン研究員のグループが開発した。iPS細胞を使った再生医療の安全性の向上につながる成果で、米科学誌で19日発表する。

 未分化なiPS細胞は生体内で腫瘍化する恐れがあるため、移植前に除去する必要がある。これまで抗体などを使った方法が報告されているが、効率が悪かったり、分化した細胞にも毒性を示したりするなどの課題があった。

 グループは、ヒトiPS細胞の表面に特徴的に存在するタンパク質ALPに結合し、細胞死を引き起こす化合物の合成に成功した。この化合物を、未分化なiPS細胞とiPS細胞から作製した心筋細胞が混在したシャーレに加えると、未分化細胞だけがほぼ完全になくなることを確かめた。

 齊藤教授は「今回開発した化合物は、iPS細胞以外にはほとんど毒性がなく、処理も容易で実用性が高い。臨床用の細胞の作製時にも使用できる可能性がある」と話している。

【 2017年05月19日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      子ども食堂、開設サポート 滋賀の社協、相談先など手引書作成

      20170726000035

       滋賀県内の社会福祉協議会などでつくる「滋賀の縁創造実践センター」は、地域の子どもたちに..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サニブラウン世界陸上へ練習公開
      拠点のオランダで

      20170726000027

       【アーネム(オランダ)共同】8月4日に開幕する陸上の世界選手権(ロンドン)を前に、日本..... [ 記事へ ]

      経済

      マック復調、28%増益
      日本販売好調、主力米国も

      20170726000020

       【ニューヨーク共同】米ファストフード大手マクドナルドが25日発表した2017年4~6月..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      個性引き立つ「華包」披露 京都の若手花道家ら公開生け込み

      20170726000029

       江戸時代の伝書に残る華包(はなつつみ)の公開生け込みが25日、京都市下京区の京都高島屋..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新学習船も「うみのこ」に 滋賀県教委、公募で最多

      20170726000034

       滋賀県が建造を進める新しい琵琶湖の学習船の名称が、現在の船と同じ「うみのこ」に決まった..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      難病の赤ちゃん尊厳死へ
      英国、移送の願いかなわず

      20170725000183

       【ロンドン共同】英国で先天性の難病を患い、病院側から延命措置の中止を勧められていた乳児..... [ 記事へ ]