出版案内
福祉事業団

未分化のiPS細胞、効率よく除去 京大グループ開発

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を分化させて特定の細胞を作製する際に、未分化な状態で残った細胞を効率的に取り除く方法を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授やイ・クァン研究員のグループが開発した。iPS細胞を使った再生医療の安全性の向上につながる成果で、米科学誌で19日発表する。

 未分化なiPS細胞は生体内で腫瘍化する恐れがあるため、移植前に除去する必要がある。これまで抗体などを使った方法が報告されているが、効率が悪かったり、分化した細胞にも毒性を示したりするなどの課題があった。

 グループは、ヒトiPS細胞の表面に特徴的に存在するタンパク質ALPに結合し、細胞死を引き起こす化合物の合成に成功した。この化合物を、未分化なiPS細胞とiPS細胞から作製した心筋細胞が混在したシャーレに加えると、未分化細胞だけがほぼ完全になくなることを確かめた。

 齊藤教授は「今回開発した化合物は、iPS細胞以外にはほとんど毒性がなく、処理も容易で実用性が高い。臨床用の細胞の作製時にも使用できる可能性がある」と話している。

【 2017年05月19日 01時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      日中、北朝鮮制裁強化に温度差
      NYで外相会談

      20170922000040

       【ニューヨーク共同】河野太郎外相は21日午後(日本時間22日未明)、中国の王毅外相と米..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      チャッフィー「頑張る」 国体マスコットのナマズ、滋賀で披露

      20170922000042

       2024年に県で開催される国体・全国障害者スポーツ大会の新マスコットキャラクター「チャ..... [ 記事へ ]

      経済

      近江牛、台湾に輸出 日本産輸入解禁受け、年間10トン見込む

      20170922000048

       台湾が日本産牛肉の輸入を解禁したことを受けて、滋賀県の畜産農家や食肉問屋でつくる近江牛..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      砂踏みで八十八カ所参拝のご利益 京都・今熊野観音寺

      20170922000032

       四国霊場の砂を踏んで祈願する「四国八十八カ所お砂踏(すなふみ)法要」が21日、京都市東..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ロボットで世代交流活性化 同女大がシステム共同開発

      20170921000198

       同志社女子大京田辺キャンパス(京都府京田辺市興戸)の学生と地域の高齢者が、世代を超えた..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      外来水草、水田にも侵入 琵琶湖のナガエツルノゲイトウ

      20170922000039

       琵琶湖に繁茂する特定外来生物の水草ナガエツルノゲイトウが、滋賀県長浜市と彦根市の一部の..... [ 記事へ ]