出版案内
福祉事業団

淀城跡公園のハス、カメ食害で激減 京都、外来種捕獲へ

淀城跡公園の堀で捕獲された外来種のミシシッピアカミミガメ(京都市伏見区)
淀城跡公園の堀で捕獲された外来種のミシシッピアカミミガメ(京都市伏見区)

 京都市伏見区の淀城跡公園で、初夏の風物詩だった堀のハスの花が激減している。外来種のミシシッピアカミミガメによる食害が原因とみられ、地元の淀観光協会が近く、本格的な捕獲作戦に乗り出す。協会は「かつての風情を何とか復活させたい」としている。

 淀城のハスは、1723(享保8)年に関東から移植されたのが始まりと伝わる。1989年度の石垣修復工事の影響でいったん激減したが、92年から協会が植栽を実施。毎年初夏には薄ピンク色の花が堀一面に咲き、市民や観光客の目を引きつけていた。

 しかし、協会によると、5年ほど前から花が減少し始め、近年は堀の西端で咲くだけになっていた。外来種による環境への影響を調査していた京都府保健環境研究所が昨年5月、この堀で大量のアカミミガメを確認し、今年4月に協会へ対策を要請した。協会がハスの復活に向け、捕獲を行うことになった。

 5月12日に府が調査でわなをしかけたところ、わずか4時間で28匹のアカミミガメが捕獲され、集まった地元住民を驚かせた。外来種のカメによるハスの被害は彦根城(彦根市)や篠山城(兵庫県篠山市)など全国でも多発し、問題化している。府保環研の獣医師多田哲子さん(59)は「アカミミガメは繁殖力が強く、誰かが逃がしたカメが食い荒らしたと思われる。おそらく相当の数が生息している」と話す。

 淀観光協会の藤田佳則会長(67)は「昔は水面が見えないぐらいに花が咲いていたが、今は寂しい限り。まさかカメが原因だとは思わなかったが、なんとか江戸時代をしのべるような姿を取り戻したい」と意気込んでいる。

 捕獲作戦は地元住民も参加し、6月に始める予定。公園を管理する市に加え、府も機材の貸し出しなどで協力する。

【 2017年05月19日 17時00分 】

ニュース写真

  • 淀城跡公園の堀で捕獲された外来種のミシシッピアカミミガメ(京都市伏見区)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      連合、年収より月給引き上げを
      18年春闘、対決姿勢鮮明に

      20180124000140

       連合の神津里季生会長は24日、2018年春闘について記者会見し、経団連がボーナスや手当..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      J1川崎の谷口が雪辱誓う
      2月10日ゼロックス杯へ

      20180124000131

       昨季のJ1で初優勝した川崎と、天皇杯全日本選手権を制したC大阪が対戦する富士ゼロックス..... [ 記事へ ]

      経済

      米FRB、3月利上げを議論へ
      30日から連邦公開市場委員会

      20180124000111

       【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は30日から2日間、金融政策を議論する..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻のチャーリー・チェイス映画発見 米喜劇俳優、京都で

      20180124000125

       戦前の無声映画の発掘や復元を進めている「おもちゃ映画ミュージアム」(京都市中京区壬生馬..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      思い出の校舎、見納めで開放 京都・宮津小

      20180124000084

       宮津小(京都府宮津市外側)の新校舎建設に伴って解体される北校舎の「見納め開放」が28日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      山中教授「所長の職果たす」 iPS論文不正で謝罪 

      20180124000128

       京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授が24日、京都市内で講演した。 同研究所の助教に..... [ 記事へ ]