出版案内
福祉事業団

ゲノム編集に新技術、細胞種ごとに調整 京大iPS研

 遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」の働きを細胞の種類によって調節する技術を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や大学院生の弘澤萌さんらが開発した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った成果で、必要のない遺伝子を改変するリスクを減らせるという。英科学誌に19日、発表した。

 ゲノム編集は、目的とする遺伝子を改変できる技術で、医療への応用が検討されている。しかし特定の細胞だけの編集が難しいという課題がある。

 グループは、細胞の種類ごとに異なる「マイクロRNA」に着目。特定のマイクロRNAの有無によって、細胞内でゲノム編集に関わるタンパク質の発現を調節できる遺伝子を作った。この遺伝子と一緒にiPS細胞とほかの細胞を培養したところ、ほかの細胞だけをゲノム編集することに成功した。

 齊藤教授は「がん細胞だけをゲノム編集して除去するなど、さまざまな応用が考えられる」としている。

【 2017年05月19日 21時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      虐待防止、訴え琵琶湖一周 10月にリレー、参加募る

      20170821000021

       琵琶湖一周を走って子どもの虐待防止を呼び掛ける「びわ湖一周オレンジリボンたすきリレー」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ヤンキース田中、復帰に闘志
      23日のタイガース戦

      20170821000028

       【ボストン共同】右肩炎症で故障者リスト(DL)に入っているヤンキースの田中将大投手が2..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研

      20170820000123

       iPS細胞(人工多能性幹細胞)の創薬応用を推進するため、京都市上京区のベンチャー企業「..... [ 記事へ ]