出版案内
福祉事業団

ゲノム編集に新技術、細胞種ごとに調整 京大iPS研

 遺伝子を改変できる技術「ゲノム編集」の働きを細胞の種類によって調節する技術を、京都大iPS細胞研究所の齊藤博英教授や大学院生の弘澤萌さんらが開発した。iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを使った成果で、必要のない遺伝子を改変するリスクを減らせるという。英科学誌に19日、発表した。

 ゲノム編集は、目的とする遺伝子を改変できる技術で、医療への応用が検討されている。しかし特定の細胞だけの編集が難しいという課題がある。

 グループは、細胞の種類ごとに異なる「マイクロRNA」に着目。特定のマイクロRNAの有無によって、細胞内でゲノム編集に関わるタンパク質の発現を調節できる遺伝子を作った。この遺伝子と一緒にiPS細胞とほかの細胞を培養したところ、ほかの細胞だけをゲノム編集することに成功した。

 齊藤教授は「がん細胞だけをゲノム編集して除去するなど、さまざまな応用が考えられる」としている。

【 2017年05月19日 21時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      夕張メロンの収穫始まる
      滑らかな舌触り、香り高く

      20170525000044

       高級果物として人気がある「夕張メロン」の収穫が25日朝、北海道夕張市で始まった。今年は..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      貴ノ岩休場で日馬富士不戦勝
      2日連続で結びが不戦に

      20170525000039

       大相撲の東前頭5枚目、貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃..... [ 記事へ ]

      経済

      伸びる住宅ローン残高 京都・滋賀の金融機関、金利引き下げ

      20170525000057

       京都、滋賀の主な金融機関が、住宅ローン残高を伸ばしている。日銀が昨年2月に導入したマイ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      世界のアーティスト、京都で上演 10月に国際舞台芸術祭

      20170524000173

       京都国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT(KEX)2017」の上演ラインア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車ルール守って、スタントマン事故再現 京都の中学

      20170525000023

       スタントマンによる交通事故の再現を通じて、自転車の安全運転を心掛けてもらう授業が24日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]