出版案内
福祉事業団

人間の注意力、訓練で向上 京都・学研ATR、実験で実証

認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)
認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)

 認知機能に関わる脳の各領域のつながりを訓練で調整して注意力を向上させることに、関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などが7日までに人の実験で成功した。精神疾患や認知症の治療法の開発につながる成果という。

 グループは山下歩研修研究員、ATR認知機構研究所の今水寛所長など。

 脳の活動を細かな部位ごとに見ることができる機能的磁気共鳴装置(fMRI)で、注意力の持続や抑制に関わる二つの領域「左一次運動野」「左頭頂外側部」を調べた。

 実験は20代男女30人に行った。安静な状態で頭の中で右手の指を動かす想像を繰り返し、二つの領域の活動が連動しないときに得点が増える。4日間の実験後、連動性は低下し、別の実験で注意力の持続性が向上したことを確かめた。

 連動したとき得点が増える逆の実験では、注意力の持続性が低下した。脳のつながりを調整することで、注意力を向上させたり、低下させることができた。

 これまでの研究で、同様の実験の学習効果は2カ月以上維持されるという。

 脳の各領域のつながり状態は、自閉スペクトラム症(ASD)や統合失調症などの精神疾患や、認知症に関係していると考えられている。ATRは「脳のどのつながりが重要か分かれば、治療法が開発できる可能性がある」とし、臨床応用に向けては「倫理の専門家や医師とともに慎重に進め、社会の理解を得たい」としている。

【 2017年08月10日 12時00分 】

ニュース写真

  • 認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      12月から不明の3歳男児と判明
      福井の河川敷で発見の遺体

      20180120000041

       福井県警坂井西署は20日、同県坂井市の河川敷で19日午前に見つかった男児の遺体はDNA..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米ゴルフ、ランドリーが首位浮上
      キャリアビルダー・チャレン

      20180120000053

       米男子ゴルフのキャリアビルダー・チャレンジは19日、カリフォルニア州ラキンタのPGAウ..... [ 記事へ ]

      経済

      フェイスブック、配信元で表示差
      信頼できる記事優先

      20180120000029

       【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブックは19日、信頼できる報道機関によるニ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初春の力作ずらり 京都・北野天満宮で書き初め審査

      20180120000050

       能書で知られた菅原道真を祭る京都市上京区の北野天満宮で19日、正月に書道上達を願って奉..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      分校生徒大忙し、米こうじ作りピーク 京都・綾部

      20180120000039

       京都府立綾部高校の生徒による同高名物の米こうじ作りが、綾部市川糸町の同高東分校でピーク..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ヒアリなど襲来、外来種侵入防げ 京都府がバスターズ結成

      20180120000055

       京都府はこのほど、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」など特定外来生物の侵入や定着を防ぐ専門チ..... [ 記事へ ]