出版案内
福祉事業団

人間の注意力、訓練で向上 京都・学研ATR、実験で実証

認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)
認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)

 認知機能に関わる脳の各領域のつながりを訓練で調整して注意力を向上させることに、関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)などが7日までに人の実験で成功した。精神疾患や認知症の治療法の開発につながる成果という。

 グループは山下歩研修研究員、ATR認知機構研究所の今水寛所長など。

 脳の活動を細かな部位ごとに見ることができる機能的磁気共鳴装置(fMRI)で、注意力の持続や抑制に関わる二つの領域「左一次運動野」「左頭頂外側部」を調べた。

 実験は20代男女30人に行った。安静な状態で頭の中で右手の指を動かす想像を繰り返し、二つの領域の活動が連動しないときに得点が増える。4日間の実験後、連動性は低下し、別の実験で注意力の持続性が向上したことを確かめた。

 連動したとき得点が増える逆の実験では、注意力の持続性が低下した。脳のつながりを調整することで、注意力を向上させたり、低下させることができた。

 これまでの研究で、同様の実験の学習効果は2カ月以上維持されるという。

 脳の各領域のつながり状態は、自閉スペクトラム症(ASD)や統合失調症などの精神疾患や、認知症に関係していると考えられている。ATRは「脳のどのつながりが重要か分かれば、治療法が開発できる可能性がある」とし、臨床応用に向けては「倫理の専門家や医師とともに慎重に進め、社会の理解を得たい」としている。

【 2017年08月10日 12時00分 】

ニュース写真

  • 認知機能の回復のイメージ図(ATR提供の図を一部改変)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      前原氏、地元・京都で勝利誓う 民進代表選へ決起集会

      20170817000163

       民進党代表選(21日告示、9月1日投開票)に立候補を表明している前原誠司元外相(衆院京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アルペン、ヒルシャー左足首骨折
      史上初のW杯総合6連覇

      20170818000004

       オーストリア・スキー連盟は17日、アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で昨季史上初の..... [ 記事へ ]

      経済

      女性活躍の職場へ研修拠点 京都に開設、人事制度で提言も

      20170817000158

       女性社員を活用する職場環境の整備や能力開発の方策を学ぶ研修スペース「京都ウィメンズベー..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「船渡御」夕暮れの川ゆったり 大津・建部大社の船幸祭

      20170817000167

       大津三大祭りの一つ、建部大社(大津市神領1丁目)の船幸祭(せんこうさい)は17日、本祭..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自転車危険個所、マップに表示 立命大でアプリ作成

      20170815000156

       立命館大の研究者などでつくるプロジェクトがキャンパス周辺での自転車事故を防ごうと、イン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS細胞で不妊マウスに子 京大など成功、染色体正常に

      20170817000171

       通常は2本の性染色体が3本ある不妊マウスから正常なiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り..... [ 記事へ ]