出版案内
福祉事業団

チンパンジーもじゃんけん理解 人間の4歳並み認知力

じゃんけんを学ぶチンパンジー。勝ちの方を選んで画面に触れると、干しぶどうのほうびがもらえる(京都大霊長類研究所提供)
じゃんけんを学ぶチンパンジー。勝ちの方を選んで画面に触れると、干しぶどうのほうびがもらえる(京都大霊長類研究所提供)

 チンパンジーもじゃんけんを理解できることを、京都大の松沢哲郎高等研究院特別教授や霊長類研究所大学院生の高潔さんらのグループが実験で確かめた。優劣が循環するような複雑な関係を人間以外でも理解する能力が備わっていることを示す結果で、国際科学誌に10日発表した。

 京大霊長研の7匹のチンパンジー(14~38歳)に対し、「グー」「チョキ」「パー」のうち2種類をモニター画面で見せて、勝ちの方を触ると報酬の干しぶどうが得られるようにしてじゃんけんを学ばせた。48回で1セットの訓練を平均で約300セット繰り返すと5匹が90%以上、残りの2匹も70%以上の正解率になった。

 「『パー』は『グー』に勝って、『グー』は『チョキ』に勝つ」というような直線的な関係はすぐに理解したが、「『グー』に負ける『チョキ』は『パー』に勝つ」というように循環する関係を学ばせるのに時間がかかったという。

 人間社会は関係が複雑で、時に循環するような優劣関係があるが、チンパンジー社会は厳格で、直線的な優劣しか存在しない。ところがチンパンジーには、じゃんけんの理解を始める人間の4歳程度と同じくらい柔軟な認知能力があることが示されたという。

 松沢特別教授は「チンパンジー以外の動物でもじゃんけんを理解できるか調べたい」と話している。

【 2017年08月10日 21時50分 】

ニュース写真

  • じゃんけんを学ぶチンパンジー。勝ちの方を選んで画面に触れると、干しぶどうのほうびがもらえる(京都大霊長類研究所提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      高校生の花生けバトル優勝は宮城
      高松で第1回全国大会

      20170820000068

       5分間に即興で花を生け、出来栄えを競う第1回「全国高校生 花いけバトル」の決勝戦が20..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      世界レスリング、21日開幕
      女子で金メダル4個が目標

      20170820000071

       【パリ共同】レスリングの世界選手権は21日、パリで開幕し、男子のグレコローマンスタイル..... [ 記事へ ]

      経済

      京阪電鉄、初の座席指定特急
      プレミアムカーの運行開始

      20170820000036

       京阪電気鉄道が初めて導入した座席指定の特急車両「プレミアムカー」が20日、運行を始めた..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      薩摩の少年兵、悲壮な思い遺書に 京博「鳥羽伏見の戦い」展

      20170820000058

       大政奉還150年を記念して、特集展示「鳥羽伏見の戦い」が、京都市東山区の京都国立博物館..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      山城の魅力、同女大生が動画発信 京都、12市町で撮影

      20170820000043

       同志社女子大(京都府京田辺市興戸)の学生たちが山城地域の魅力を伝える動画の制作を進めて..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]