出版案内
福祉事業団

血管詰まる難病に自家骨髄移植 京都府医大病院が臨床研究

 京都府立医科大付属病院は12日、手足の血管が詰まる難病「バージャー病」の患者に自身の骨髄細胞を移植する治療の臨床研究を始めると発表した。同様の臨床研究は以前から行われていたが、今回はより厳格な基準で有効性を評価し、3、4年後の保険治療を目指す。

 重症化すると脚部の切断に至るバージャー病では、約10年前から骨髄細胞を移植して血管の再生を促す臨床研究が府立医大病院など6施設で行われてきた。これまで手術を実施した108例では約9割で脚部切断が回避できるなど一定の効果が確認されている。

 今回の臨床研究では同じ6施設で25例を実施し、新たに血流の改善度や皮膚にできる潰瘍の縮小効果などの項目についても細かく判定する。混合診療を認める「先進医療B」として実施するため、患者負担は手術にかかる約30万円で済む。

 研究を担当する的場聖明教授は「自身の骨髄細胞を用いる今回の治療は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使うよりも費用を大幅に軽減でき安全性も高い。有効性を確かめ、患者の費用負担がより少なくて済む保険治療にしたい」と話している。

【 2017年10月12日 22時40分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      京浜東北線で架線断線
      東海道、横須賀線も運休

      20171216000068

       16日午前10時55分ごろ、JR京浜東北線の鶴見駅―川崎駅間で、架線が断線するトラブル..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      表現磨き憧れの舞台へ フィギュア白岩優奈

      20171216000065

       来年2月9日に開幕する平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子代表選考を兼ねた全日本選手権..... [ 記事へ ]

      経済

      有機EL市場を積極開拓 NISSHAなど京都のメーカー

      20171216000081

       次世代ディスプレーの有機ELがスマートフォンなどに普及する中、写真製版や印刷をルーツと..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      真田丸、ちはやふる効果 滋賀の観光客初の5千万人超

      20171216000058

       滋賀県は15日、2016年の観光客数が延べ5076万7300人で、初めて5千万人を突破..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      「極めて残念」と電事連会長
      伊方原発運転差し止め決定で

      20171215000195

       電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の記者会見で、四国電力伊方原発3号機..... [ 記事へ ]