出版案内
福祉事業団

「リアル×バーチャル」連獅子 芝翫さん親子が映像伝送実験

芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場
芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場

 京都市中京区の先斗町歌舞練場で踊る歌舞伎俳優の中村芝翫(しかん)さん(52)。その横の3人の子息は、実は1・5キロ離れた宮川町歌舞練場(東山区)で同時に踊っているが、あたかも同じ舞台に並んでいるように見える-。東京五輪の2020年に向け、NTTなどがこのほど、疑似3D映像の伝送実験を京都で行った。スポーツやコンサート、演劇などを、離れた場所でも臨場感たっぷりに楽しめるシステムを目指す。

 NTTと松竹が披露した世界初という「リアル×バーチャル 四人連獅子」。宮川町の舞台で踊る橋之助さん(21)、福之助さん(20)、歌之助さん(16)兄弟を撮影した映像が、リアルタイムで先斗町の舞台の透明スクリーンに上映される。先斗町にいる芝翫さんと一緒に約20分間、連獅子の前半を一緒に踊った。

 時間差はほぼ気にならず、踊りに合わせて獅子ゆかりのボタンの花や、長唄の詞章も舞台に投影される。12月の京都・顔見世興行で襲名を披露する芝翫さんは「離れた場所にいるのに、こんなにうまく踊れるとは思わなかった。こうした試みをもっと歌舞伎に取り入れたら面白い」と話した。

 伝送システムは、ブルーバックなど特殊な背景を撮影時に使わなくても、注目したい人物などの被写体を瞬時に切り出し、別会場に光回線で送れる。

 将来的には、チケットが完売になるような人気のスポーツやコンサート、演劇などの公演での活用を想定する。NTTは「東京五輪の頃には、別会場にいながら目の前で繰り広げられているようなライブ映像体験を提供したい」としている。

【 2017年11月15日 17時00分 】

ニュース写真

  • 芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      くまモンと石川さゆりさん餅つき
      熊本復興願い、福岡・博多

      20180222000109

       熊本地震からの復興を願い、熊本市の「復興元年特命大使」を務める同市出身の歌手石川さゆり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      湯浅直樹は2回目で途中棄権
      アルペンスキー・22日

      20180222000082

       アルペンスキー男子回転で、34歳の湯浅直樹は2回目で途中棄権に終わった。1回目は52秒..... [ 記事へ ]

      経済

      JTBが訪日客向けアプリ開発
      AIで写真の場所特定機能

      20180222000098

       JTBは22日、日本マイクロソフトやナビタイムジャパン(東京)と協力し、人工知能(AI..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鮮やか衣装、気引き締め 京都、都をどり写真撮影

      20180222000068

       京の花街、祇園甲部の舞台公演「都をどりin春秋座」(4月1~24日)のプログラム用の写..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]