出版案内
福祉事業団

「リアル×バーチャル」連獅子 芝翫さん親子が映像伝送実験

芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場
芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場

 京都市中京区の先斗町歌舞練場で踊る歌舞伎俳優の中村芝翫(しかん)さん(52)。その横の3人の子息は、実は1・5キロ離れた宮川町歌舞練場(東山区)で同時に踊っているが、あたかも同じ舞台に並んでいるように見える-。東京五輪の2020年に向け、NTTなどがこのほど、疑似3D映像の伝送実験を京都で行った。スポーツやコンサート、演劇などを、離れた場所でも臨場感たっぷりに楽しめるシステムを目指す。

 NTTと松竹が披露した世界初という「リアル×バーチャル 四人連獅子」。宮川町の舞台で踊る橋之助さん(21)、福之助さん(20)、歌之助さん(16)兄弟を撮影した映像が、リアルタイムで先斗町の舞台の透明スクリーンに上映される。先斗町にいる芝翫さんと一緒に約20分間、連獅子の前半を一緒に踊った。

 時間差はほぼ気にならず、踊りに合わせて獅子ゆかりのボタンの花や、長唄の詞章も舞台に投影される。12月の京都・顔見世興行で襲名を披露する芝翫さんは「離れた場所にいるのに、こんなにうまく踊れるとは思わなかった。こうした試みをもっと歌舞伎に取り入れたら面白い」と話した。

 伝送システムは、ブルーバックなど特殊な背景を撮影時に使わなくても、注目したい人物などの被写体を瞬時に切り出し、別会場に光回線で送れる。

 将来的には、チケットが完売になるような人気のスポーツやコンサート、演劇などの公演での活用を想定する。NTTは「東京五輪の頃には、別会場にいながら目の前で繰り広げられているようなライブ映像体験を提供したい」としている。

【 2017年11月15日 17時00分 】

ニュース写真

  • 芝翫さん(右から2人目)と離れた場所にいる3人の子息が同じ舞台で演じているように見えた「リアル×バーチャル 四人連獅子」=京都市中京区・先斗町歌舞練場
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      写真記者協会賞に「沖縄の視線」
      12月19日から展示

      20171125000007

       東京写真記者協会(新聞、通信、放送など33社加盟)は24日、今年の優れた報道写真に贈る..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯複合、第1戦で渡部暁が3位
      ノルディックスキー

      20171125000003

       【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      とりま、見舞品を…大政奉還の慶喜、西本願寺が微妙な命令

      20171124000169

       江戸幕府15代将軍で150年前に大政奉還した直後の徳川慶喜の微妙な立場が読み取れる資料..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]