出版案内
福祉事業団

iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見

実験のイメージ
実験のイメージ

 アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所の井上治久教授や近藤孝之助教のグループが、患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した神経細胞を用いた実験で見つけた。今後、動物実験で予防などの効果や安全性を詳しく検証する。米科学誌セル・リポーツで22日発表する。

 アルツハイマー病は、大脳皮質の神経細胞が作るタンパク質断片「アミロイドβ(ベータ)」が脳内に過剰に蓄積することが発症原因の一つと考えられている。アミロイドβを減らす新規薬剤の開発が世界的に進められているが、副作用などの課題から製品化には至っていない。

 グループは、患者由来のiPS細胞から作製した神経細胞に1258種類の既存薬を投与し、アミロイドβの生産量を最も効率的に減らす3種類を突き止めた。パーキンソン病の治療薬「プロモクリプチン」、ぜんそくの「クロモリン」、てんかんの「トピラマート」で、これらの混合剤は9人の患者の神経細胞が作るアミロイドβをそれぞれ30%以上減らす効果があることを確認した。

 3種の薬剤は既存薬として一定の安全性が認められているために、新規物質に比べて医療応用しやすいという。

 井上教授は「今後、動物実験を進めるとともに、これらの薬剤がアミロイドβの量を減らすメカニズムを解明していきたい」と話している。

【 2017年11月22日 07時38分 】

ニュース写真

  • 実験のイメージ
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      河野氏、ミス来訪に緊張?
      直立不動で写真撮影

      20180222000179

       河野太郎外相は22日、2017年ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子さん(23)の表敬を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーの吉田、5週間離脱へ
      日本代表DF、左膝負傷

      20180223000004

       【ロンドン共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンのペジェグリノ監..... [ 記事へ ]

      経済

      伝統と現代融合、京都企業の商品PR 東京で商談フェア

      20180222000129

       京都の伝統と現代的な感性を融合させた商品・サービスを紹介する商談会「京都知恵産業フェア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      重文邸宅、眺望楽しんで 京都・旧三井家別邸で特別公開

      20180222000138

       明治、大正期の近代和風建築の伝統を伝える国重要文化財の旧三井家下鴨別邸(京都市左京区下..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早く喜びの春 京都・公立高前期選抜で合格発表

      20180222000143

       京都府内の公立高入試で、前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制で受..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]