出版案内
福祉事業団

人類の旅立ち、12万年前に
アフリカからアジアへ移住

 30万~20万年前にアフリカに出現した現生人類が、12万年前からアジアに向けて散発的に移住を始めていたとする分析を、ドイツのマックスプランク人類史科学研究所のチームが8日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 6万年前には人類が世界中に拡散する「出アフリカ」が起きたが、それ以前にも小規模な移住があったらしい。移住先でネアンデルタール人など先住民との混血が起きたことも分かっており、チームは「人類の歴史は思ったよりも複雑なようだ。アジアで調査を進めることでより多くのことが分かるかもしれない」と指摘している。

【 2017年12月08日 04時01分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      年賀状の受け付けが開始
      元日配達は25日までに

      20171215000052

       2018年の年賀状の配達受け付けが15日、全国一斉に始まった。来年1月2日は配達せず、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大リーグ機構、大谷報道で調査へ
      右肘診断結果の情報漏えい

      20171215000040

       【ニューヨーク共同】プロ野球日本ハムからポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルスへ..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 システムディ

      20171215000024

       ■運動向け伸び最高収益 主力の大学向け業務支援システムの販売は横ばいだったが、顧客管理..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「エイエイオー」四十七士勇ましく 京都・山科義士まつり

      20171215000031

       大石内蔵助ゆかりの京都市山科区一帯で14日、「山科義士まつり」が開かれた。雪景色の中、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      割れてもくっつくガラス
      自然修復し再利用も

      20171215000008

       割れた破片を互いに押しつけると、断面が自然にくっついて修復する特殊なガラス素材を東京大..... [ 記事へ ]