出版案内
福祉事業団

File Not Found.
該当ページが見つかりません。URLをご確認下さい。


お知らせ

政治・社会

18年度会長に浅野則明氏選任 京都弁護士会

20180117000185

 京都弁護士会は17日、2018年度の会長に浅野則明弁護士(59)を選んだ。副会長は、古..... [ 記事へ ]

スポーツ

Dバックス平野、後輩にエール 京産大で壮行会

20180117000180

 プロ野球オリックスから米大リーグダイヤモンドバックスに移籍する平野佳寿投手(33)=鳥..... [ 記事へ ]

経済

宇治茶の世界進出へ新たな拠点 京都府茶業研が一新

20180117000162

 京都府茶業研究所(宇治市白川)のリニューアル工事が完了し、記念式典が17日に現地であっ..... [ 記事へ ]

観光・社寺

阪神大震災、追悼の鐘響く 京都・法然院で法要

20180117000154

 阪神大震災から23年を迎えた17日、京都市左京区鹿ケ谷の法然院では、「物故衆生追悼の集..... [ 記事へ ]

教育・大学

一足早く春、児童ら歓喜 京都の公立高付属中で合格発表

20180117000161

 京都府内の各公立高付属中で17日、2018年度入試の合格発表が行われた。4月に開校する..... [ 記事へ ]

環境・科学

食物選ぶ神経細胞をマウスで特定
「ストレスで過食」解明も

20180117000136

 食べ物に含まれる栄養素のうち、脂肪と炭水化物のどちらをより多く求めるかに関わる神経細胞..... [ 記事へ ]

社説2018年01月17日掲載

6400人以上が亡くなった阪神大震災からきょうで23年。神戸市中央区で開催される「1・17のつどい」では、竹灯籠を並べて「伝」の漢字が描かれる。被災経験を伝え続け、風化を防ぎたいとの思いがこめられた一文字だ。都市型災害の阪神大震災から学ぶものは多い。南海トラフ巨大地震や首都直下型地震による甚大な被害が予想される中ではなおさらだ。だが、震災の教訓は必ずしも十分に生かされてきたわけではない。災害発生.. 続きを見る

凡語2018年01月17日掲載

喫茶店の焼け跡で温かなコーヒーを無料提供する店主、従業員用の風呂を開放する工場…。被災しながら、近隣の被災した人を支える民間の底力が、写真から伝わってくる▼きょうで阪神大震災23年。神戸市長田区の小学校跡「ふたば学舎」で開催中の企画展を訪ねた。女性に喜ばれた無料洗髪、自転車のパンク修理、タグボートに積んだ洗濯機の利用開放など、震災後2カ月間に撮影された写真パネルが並んでいる▼「わたしら役人には考え.. 続きを見る