京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ > ねんてん先生の575
インデックス

(398)ぴっかぴかの3兄弟

作品

・はたけでねおいしくなあれじゃがいもくん
大津市・大将軍ひかり保育園年長 小森 勇輝

・チューリップさいたよせかいがぴっかぴか
大津市・瀬田北小2年 小森 春輝

・五月晴れ弟登る冷ぞう庫
大津市・瀬田北小5年 小森 一輝

ねんてん先生

ねんてん先生の575

 今週は小森3兄弟がそろいました。

 まず、勇輝さん。土の中で育つじゃがいもが目に見えます。畑仕事、手伝っているのですか。それとも、保育園のじゃがいも畑でしょうか。じゃがいもの花がそろそろ咲きます。いや、もう咲いているでしょうか。

 春輝さん。「せかいがぴっかぴか」がいいなあ。今の時期、若葉や花がかがやいているようすは、たしかに世界がぴっかぴかという感じです。それだけに、戦争をしたりしていがみあっている人間がとてもおろかに見えます。

 ところで、小森3兄弟はなんて呼ばれているのですか。もちろん、ユウキ、ハルキ、カズキでしょうが、身近な人たちは略して呼びますよね、カズチャン、ハルチャン、ユウチャンのように。もしかしたら、ユウ、ハル、カズ? 実は、私も3兄弟でした。稔典、禎典、光典です。トシノリ、ヨシノリ、ミツノリですが、読みにくいので、ネンテン、テイテン、コウテンと呼ばれました。3番目の弟はコウデンと呼ばれてくさっていました。私はトシチャン、トシボウとも。そして今、ネンテンと呼ばれるのが普通になっています。

 一輝さん。弟は冷蔵庫に登って何をしたのでしょうか。もしかしたら捨てられている戸外の冷蔵庫に登った? 弟って、思いがけないことをしますよね。兄がしないことをする、それが弟なのかも。ところで、この冷蔵庫に登った弟は勇輝さん、それとも春輝さん?
(俳人、京都教育大・佛教大名誉教授 坪内稔典)

 

小学生の俳句を募っています。作品3点までと、住所、氏名、学校名、学年、電話番号を明記し〒604-8577 京都新聞文化報道部「ねんてん先生の575」係。メールは575haiku@mb.kyoto-np.co.jp

【2017年05月21日掲載】