京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ > ねんてん先生の575
インデックス

(422)「ギンナンうまい」大人気分?

作品

・新米をおなかいっぱい食べたんだ
京都市・京都聖母学院小4年 仲井 翔太

・我先にと化粧はじめる庭の木々
宇治市・木幡小5年 桐村 和花

・いちょうのみ食べたらにがくなかったよ
京都市・京都教育大付属桃山小2年 西岡みさき

ねんてん先生

ねんてん先生の575

 仲井さん。得意そうだね。ほんとうにうまかった、ということが、その「食べたんだ」という得意そうな口ぶりでよく分かります。仲井さんの同級生は

豊年だみんなうれしい笑いあう
松本 怜奈
イベントで落ち穂ひろいに参加した
出口 怜央
新米はうれしく笑うありがとう
小嶋 日和

などと作りました。みんなで新米を食べたのですね。私も知り合いが作った新米をたべました。たきたての塩味のおにぎりがことにうまかったよ。

 桐村さん。庭の木々はもうすっかり化粧をしましたね。そろそろ、化粧を落とすというか落ち葉を急ぐ時期です。

 桐村さんの庭にはどんな木があるのでしょうか。この際、近所の公園、校庭などの木を触(さわ)って歩きませんか。ケヤキ、エノキ、ムク、クスなどの大きな木、そしてサザンカ、チャ、ヒイラギなどの冬の木に。カキやブンタンなどに出会うかも。落ち葉を踏んだりけとばしたりするのも楽しいです。ドングリやシイノミも落ちています。木にぶらさがったり、登ったりするのも、今がいい時期かも。木の上から眺める風景はいつもと違ってみえますよ。桐村さんは木登り、得意ですか。

 西岡さん。ギンナンはなんとなく大人の食べ物、という感じですね。においが大人のにおい? でも、食べてみたら意外にうまくて、しかも、すこしだけ大人に近づいた気分になったのでしょう。西岡さん、ちゃわんむしに入っているギンナンもとてもうまいよ。色もきれいです。
(俳人、京都教育大・佛教大名誉教授 坪内稔典)

小学生の俳句を募っています。作品3点までと、住所、氏名、学校名、学年、電話番号を明記し〒604-8577 京都新聞文化報道部「ねんてん先生の575」係。メールは575haiku@mb.kyoto-np.co.jp

【2017年11月19日掲載】