京都新聞TOP > 文化・文芸・教育アーカイブ > 知ってナットク
インデックス

戦後初の英連立政権が誕生

財政再建策が試金石

 英国で5月11日、総選挙で第1党となった保守党のキャメロン党首(43)が首相に任命され、第3党の自由民主党と組んで連立政権を樹立しました。英国での連立政権発足は第2次大戦後初めてで、日本が手本としてきた英国の二大政党制が崩れました。

 共子 選挙の結果は?
 英介 下院(定数650、任期5年)総選挙が5月6日に行われ、保守党が306議席を獲得しましたが、36年ぶりに議会で過半数を制する党がない「ハング・パーラメント」(中ぶらりん議会)になりました。労働党は258議席、自民党は57議席でした。
 共子 どんな選挙戦だったの?
 英介 英国の総選挙史上初の主要3党党首によるテレビ討論が行われました。党首として参加したのはキャメロン氏のほか、首相だった労働党のブラウン氏(59)、自民党のクレッグ氏(43)で、内政、外交、経済をテーマに議論を戦わせる様子が生中継され、注目を集めました。3党首が夫人を前面に出して無党派層の関心を引こうとする新しい動きもありました。
 共子 これまで連立政権はなかったの?
 英介 英国では保守党と労働党の二大政党が交代して単独で政権を担い、日本は二大政党制の手本にしてきました。連立政権は第2次大戦中、チャーチルが率いた挙国一致内閣以来です。
 共子 新政権の課題は?
 英介 財政赤字削減と金融規制強化が課題です。世界的な危機の直撃を受けた英国の財政赤字は第2次大戦後最悪の水準です。連立政権は増税より歳出削減策で財政問題に取り組むと表明し、保守党は今年60億ポンド(約7800億円)の歳出削減を公約しています。財政再建策の成否が政権維持の試金石になります。
 共子 不安はないの?
 英介 中道右派の保守党と中道左派の自民党は経済、内政分野では基本合意していますが、対欧州連合(EU)関係で立場が異なるなど、外交や安全保障問題が焦点になります。今後、政策の相違をめぐるあつれきが表面化する可能性もあり、政権運営の行方は予断を許しません。
 共子 新政権の特徴は?
 英介 30代から40代の若手が中核の布陣が特徴です。43歳7カ月で就任したキャメロン首相は、1997年の首相就任時に44歳直前だったブレア氏を抜き、1812年に42歳で就任したジェンキンソン以降で最も若い首相となりました。
 共子 対日関係は?
 英介 日本との関係が深い閣僚も目立ち、良好な日英関係が期待されています。副首相となったクレッグ氏の父は日英交流促進のための基金で理事を務めています。オズボーン財務相の義父は日本の英字紙にコラムを執筆、ハント文化・五輪・メディア・スポーツ相は日本で2年間、英語を教えていました。

【2010年5月31日掲載】