京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > 山城発オンリーワン
インデックス

タイムドメイン(精華町光台)

「タイムドメインオーディオ」
 −従来のオーディオの常識を覆す製品とか。
 周期的に振幅を繰り返す音の波を組み合わせるのが従来のオーディオの発想。対して、時間とともに変化する空気振動そのものを忠実に再現する。タイムドメイン理論と呼んでいます。
 −具体的に、どんな音の違いがありますか?
 シャカシャカ、ドンドンというようなこれまでのオーディオ特有の音がせず、ごく自然に近い音で、長時間聴いても疲れない。音場感も豊かで、部屋の中のどの位置にいてもほぼ差異なく聞こえます。テレビやパソコンなどにつないでも同様にリアルな音が出ます。
 −どのような過程で製品開発したのですか。
 誰が聴いても良い音と分かる製品をとの思いが出発点。試行錯誤の末、従来の音響工学や技術を根本から問い直し、新たな理論で25年前に1号機ができ、より安価にと改良を重ね今に至ります。「一人でも多くの人に、この音の良さを知って、味わっていただきたい」(由井啓之社長)
 3機種あり、1万8900円から。http://www.timedomain.co.jp=おわり

[2008年3月27日掲載]