京都新聞TOP > 経済特集アーカイブ > がんばれベンチャー
インデックス

君の適職 京の偉人で診断

清少納言や清盛、一休… パシオがサイトで公開 タイプ別に助言
京都ゆかりの歴史人物を用いた適職診断テストの画面
 若年者就労支援事業のパシオ(京都市中京区)は、京都にゆかりの歴史人物を用いて求職者の適職を診断する「京都はんなり適職テスト」のホームページ公開をこのほど始めた。近藤勇や清少納言など八人の歴史人物になぞらえて求職者のタイプ別にアドバイスし、就職活動を支援する。
 若者のキャリア育成や早期離職問題に取り組む同社は、就職後のミスマッチを減らすために就職の条件で譲れない価値観や欲求「キャリアアンカー」を求職者に見極めてもらうためにサイトの公開を始めた。
 サイトでは、経営学組織心理論で著名な心理学者エドガー・H・シャインが分類した八タイプの仕事への考え方を京ゆかりの人物像に当てはめた。サイトの閲覧者は職場環境、収入、グループ行動の考え方、課題への取り組み方など三十二の設問に七段階でこだわり具合を回答。その結果に応じて平清盛や角倉了以タイプなどの結果がイラスト付きで出る。一休宗純ならば「会社や組織からは少し外れた独立的な立場を好むタイプ」などの診断が出て、組織での活躍の仕方などのアドバイスが表示される。
 無料でブログリクルート京都版のホームページから利用できる。アドレスはhttp://www.kyo2r.jp/test.html

【2008年3月7日掲載】