京都新聞TOP > スポーツTOP > 山瀬理恵子のアス飯

卵とくずし豆腐のおかゆ風スープ

レシピ

写真

















【材料(2人分)】
だし汁 600cc
焼き
餅 2個
木綿豆腐 1丁
卵 2個
しらす、刻みのり、ネギの小口切り 各ひとつかみ
レモンなどのかんきつ類 輪切り2枚
塩 小さじ1/2
しょうゆ 香りづけ程度

<作り方>

(1)小鍋にだし汁を入れて沸騰したら、木綿
豆腐を手で崩し入れて2分程度。溶き卵を回し入れてひとまわしし、塩、しょうゆで味をととのえ火を止める。
(2)器に焼き餅を入れ、(1)をそそぎ、上からしらす、刻みのり、ネギの小口きり、輪切りにしたかんきつ類を添えたらできあがり。

<メモ>

 試合で消耗した体力を速やかに回復させる簡単レシピです。試合後にポイントとなる栄養素は餅などに含まれる炭水化物と、破壊された筋肉を修復する卵や木綿豆腐、しらすなどに含まれるタンパク質。大量の汗で水分が失われるので、具だくさんにしてビタミン、ミネラルも一緒に補給しやすいみそ汁や鍋などのスープ類が◎。レモンやかぼす、すだちなどのかんきつ類は疲労回復のクエン酸やビタミンCが豊富。のりは疲労回復に欠かせないビタミンB1を含み、糖質をエネルギーに変えてくれる大切な役割もあります。

【2017年03月14日】