京都新聞TOP > スポーツTOP > 山瀬理恵子のアス飯

関節ケア!春のふわふわサムゲタン風

レシピ

写真


















【材料(2~3人分)】
鶏手羽(手羽元や手羽先) 6本
水 600cc
米 
大さじ4
三つ葉 1/2束
長芋のすりおろし 3センチ程度
明太子 半腹
ニンニク、ショウガ 各1片
レモン 1/4個
※煮込む時に旬のセロリを入れると香り高くなり、リラックス効果やストレス解消にも役立ちます。

<作り方>
(1)鍋に鶏手羽、大きめに切ったショウガとニンニク、米、水を入れ、具材が柔らかくなるまで弱火で煮込む。
(2)器に盛り、すりおろし長芋を上にかけて、下ゆでした菜の花、明太子をのせ、最後にレモンを搾ったら出来上がり。

<メモ>
 鶏の手羽元、手羽先に含まれるコラーゲンは関節や腱を作る重要な栄養素。ゆっくりコトコト煮込んでスープごといただくことがコツです。ビタミンC豊富なレモンはカルシウムの強度を上げたり、コラーゲンの合成を促進します。旬の菜の花は関節ケアに必要な栄養がつぼみにぎゅっと詰まっており、炎症を取り除く抗酸化物質も豊富。明太子はカルシウムの吸収を促すビタミンDや、抗炎症作用のあるDHAとEPAも含まれています。ネバネバ食品の長芋には関節の動きを滑らかにするグルコサミンやコンドロイチンが。栄養を存分にいただくには生で食べるのがオススメです。

【2017年05月09日】