京都新聞TOP > スポーツニュース > 高校野球
インデックス

再試合決着、滋賀学園は粘り及ばず センバツ

2年連続の8強入りを逃した滋賀学園ナイン(28日午後0時47分、兵庫県西宮市・甲子園球場)
2年連続の8強入りを逃した滋賀学園ナイン(28日午後0時47分、兵庫県西宮市・甲子園球場)

 第89回選抜高校野球大会第9日は28日、兵庫県西宮市の甲子園球場で延長引き分け再試合となった2回戦2試合を行い、滋賀学園は福岡大大濠との再戦に3-5で競り負け、2年連続の8強入りを逃した。

 滋賀学園は初回1死二塁から知念の左前適時打で先制。公式戦初登板の光本が先発し、直後に逆転されたが、二回2死から田井、中西の連打で同点とした。2-3で迎えた五回は2死二塁で小浜が左前適時打を放ち、再び追い付いた。

 五回に継投した宮城が1死一塁から2点本塁打を浴びて勝ち越された。七回途中から救援した棚原が無失点と好投したが、打線が抑えられた。

 第2試合は高崎健康福祉大高崎(群馬)が10-2で福井工大福井に快勝し、ベスト8が出そろった。延長引き分け再試合が2試合行われたのは春夏通じて初めてだった。

 

【2017年03月28日配信】