5月 中旬


▲上旬  ▼下旬


▼12日(月)

『御蔭祭』
 葵祭の前儀として行われるもの。葵と桂の葉をつけた神官らが、背中に神霊の御座をのせた神馬とともに下鴨神社を出発し比叡山麓の八瀬御蔭山の御蔭神社で神霊を迎え、再び下鴨神社へ。ここで雅びやかな東游(あずまあそび)の舞が奉納される。

メモ:下鴨神社(075-781-0010)
   京都市左京区下鴨泉川町
   京都市バス「下鴨神社前」下車すぐ
   東游の舞/16:00ごろ



▼15日(木)

『葵祭』
 葵祭は上賀茂神社・下鴨神社の例祭で、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つ。平安時代から盛大に行われ、源氏物語など多くの古典にも記されている。祭りに参列する人々の衣服や牛馬を葵の葉で飾ることから、この名がある。京都御所を起点に下鴨神社、上賀茂神社を巡行する。
メモ:・上賀茂神社(075-781-0011)
    京都市北区上賀茂本山町
   ・下鴨神社(075-781-0010)
    京都市左京区下鴨泉川町
    巡行開始/10:30
   ・問い合わせ先/京都市観光協会
           (075-752-7070)
「葵祭」特集




▲観光・社寺▲  ▲5月上旬  ▼下旬