こども新聞サミット
こども記者を募集

―話そう、自分たちの未来。
※募集は締め切りました。

 京都新聞の「ジュニアタイムズ」のように、日本には80以上の「こども新聞」があり、社会や世界の問題から身近なできごとまで、ニュースをわかりやすく伝えています。どんな未来をつくるのか、大人になったとき世界はどうなっているのか、新聞を通じて子どもたちに考えてほしいからです。

 そんな全国の「こども新聞」が集まって、3月27・28日、東京の日本科学未来館で「こども新聞サミット」を開きます。全国から子どもたちが参加し、テーマごとに話し合い、よりよい未来をつくるための行動計画をまとめます。

 このサミットに京都・滋賀から参加する新5・6年生を募集します。京都・滋賀の「こども記者」は、「わたしたち、こんな大人になりたい」というテーマの議論に参加します。参加には事務局が同行し、参加児童と保護者1人の交通費、宿泊費は事務局が負担します。


2017年のこども新聞サミット

◆日  程◆
3月27・28日(1泊2日)
◆会  場◆
日本科学未来館(東京都江東区)

◇申し込み
「なぜこども新聞サミットに参加したいか」を200字以内で書き、児童と同行の保護者の氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、学校名、新学年、生年月日、電話番号を明記して、郵送、FAX、Eメールで申し込んでください。
締め切りは2月9日(金)。応募者多数の場合は選考し、決定した本人と保護者に通知します。
◇宛先と問い合わせ
〒604-8577(住所不要)京都新聞社 読者センター「こども新聞サミット」係へ。
FAX 075(241)5938、
Eメール kouryu-s@mb.kyoto-np.co.jp
電話での問い合わせは 075(241)5295 へ(※平日の午前10時~午後6時)。
2017年のこども新聞サミット

2017年のこども新聞サミット

2017年のこども新聞サミット

2017年のこども新聞サミット

2017年のこども新聞サミット

2017年のこども新聞サミット

(c) The Kyoto Shimubun Co.,Ltd.