さあ、桜色のコンサートの開宴です。

谷崎潤一郎も川端康成も魅せられた平安神宮の桜は、
少し遅咲きのしだれ桜でした。

- こころのふるさと -

平安神宮 紅しだれコンサート2017

Benishidare Concert in Heianjingu 2017

2017年4月6日, 7日, 8日, 9日

本年度の公演は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

about

京都の春を彩る風物詩「平安神宮 紅しだれコンサート」。
南神苑と東神苑の紅しだれ桜のライトアップと、
東神苑貴賓館をステージに演奏される
癒やしの音楽を楽しんでいただきます。

会場には客席を設けず、ライトアップされた神苑を
散策しながら、
東神苑・栖鳳池のほとりでしばらくの間、
音楽に耳を傾けていただくコンサートです。

開催日時
2017年 4月
6日(木), 7日(金), 8日(土), 9日(日)
18:15〜21:00(最終入場は20:30・雨天決行)
  • 演奏一回目 : 18:40~19:20
  • 演奏二回目 : 19:50~20:30
  • ※入れ替えせずに回遊式で実施。客席はありません。
  • ※コンサートは1回目・2回目とも、基本、同じ内容の演奏を行います。

本年度の公演は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

会場
平安神宮
(京都市左京区岡崎西天王町)

artist

  • 4月6日(木)

    佐藤和哉

    佐藤和哉

    <篠笛奏者・作曲家>

    「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作品の数々は、今を生きる自分の心と素直に向き合うことで紡ぎ出される。2013年、自身作曲の『さくら色のワルツ』が、ゆずの『雨のち晴レルヤ』のモチーフ曲として採用され、NHK朝ドラ「ごちそうさん」の主題歌となる。同年、ゆずとともに『NHK紅白歌合戦』に出場。活動の幅を広げている。

    さくら色のワルツ 篠笛ver. / 佐藤和哉

  • 4月7日(金)

    Keiju

    Keiju

    <ギター・プロデューサー・作曲家>

    20年間にわたりユーラシア大陸各地を巡り音楽のフィールドワークの旅を続けている。ギターをメインに、竹笛「スーリン」、「シタール」、「ブズーキ」などさまざまな旅先で出会った楽器を駆使し、独特のKeijuワールドを展開している。民族音楽楽器を使ったアコースティックジャムバンド「EURASIAN RUNG」のリーダーとしても活動中。

    山の民 / Keiju

  • 4月8日(土)

    あさい まり

    あさい まり

    <ヴァイオリン>

    ライブサポート&スタジオミュージシャンとして活動するほか、ストリングスアレンジや楽曲制作も行うなど、ジャンルレスな演奏スタイルでマルチに活動中。2010年より都内を中心に自身主宰のライブ活動を開始。2015年夏には「夢見る音楽会」と題した新たなプロジェクトを始動。オリジナル曲のみで構成したライブを開催し好評を博す。

    はじまりのうた / あさいまり

  • 4月9日(日)

    círculo(シルクロ)

    círculo(シルクロ)

    <ハンマーダルシマー&サンポーニャ デュオ>

    アンデス地方の民俗音楽に使われる笛の一種サンポーニャ奏者の岡田浩安、ピアノの源流と言われる西洋の打弦楽器ハンマーダルシマー奏者の山口智によるスペシャルユニット。即興やオリジナル曲、スタンダードな曲を織りまぜ展開する演奏は、音楽ジャンルにとらわれることなく自由で、繊細かつダイナミックに聴く人の想像力に訴えかける。

    ふるさと シルクロバージョン / circlo(シルクロ)

ticket

入場料 : 一人 2,000円(税込)
前売 1,700円(税込・前売り券は入場日指定)

  • ※小学生以上は有料。演奏1回目と2回目はチケット共通です。

access

電車・バスでお越しの場合、最寄りのバス停と駅
JR「京都駅」より、平安神宮 市バス5系統、洛バス100号系統
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車 北へ徒歩5分
京都駅より約30分
阪急「河原町駅」より、平安神宮 市バス5系統、46系統、32系統
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこメッセ前」下車 北へ徒歩5分
河原町駅より約20分
祇園・清水寺方面より、平安神宮 市バス201系統、203系統、206系統、「東山二条」下車 東へ徒歩5分
洛バス100号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車 北へ徒歩5分
清水道より約25分
平安神宮の最寄り駅 地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩10分
京阪鴨東線「三条駅」「神宮丸太町駅」徒歩15分
  • ※会場へは市バス・地下鉄をご利用ください。
  • ※最寄りの駐車場(有料)は収容台数に限りがありますので、お車での来場はご遠慮ください。

notes

雨天決行。ただし、荒天や豪雨のときは中止することがあります。
(中止日の入場券は翌日以降に有効。最終日が中止となった場合は、最終日に有効な入場券に限り払い戻しいたします。)
コンサートチケットではお昼の神苑拝観はできません。お昼の神苑拝観には別途、拝観料(600円)が必要です。
例年、午後5時過ぎから列が出来始め、午後6時ごろには1,000人以上になります。予めご了承ください。
例年、1回目の演奏時間帯の方が、場内が混み合います。(特に演奏会場である東神苑)時間に余裕がある場合は、比較的ゆっくりとご鑑賞いただける2回目の演奏時間帯をお勧めします。
会場内が満員の際は一時入場を制限する場合があります。
会場内での喫煙、飲食、録音はお断りいたします。また、写真撮影は可能ですが、関係者以外の三脚・一脚などの使用および会場内への持ち込みはできません。
会場内は原則として一方通行です。再入場を希望される場合は、必ず出口で再入場証明手続きを行ったうえで、入場口からお入りください。(当日1回限り有効。証明を忘れますと再入場はできません)
会場は重要文化財および名勝の指定を受けていますので、文化財を傷つけませんようご協力ください。神苑の柵内など立入禁止場所への立ち入り(警報が作動します)や、ペット・危険物の持ち込みはできません。
演奏中は、話し声、携帯電話の着信音や会話、無理な移動など、他のお客さまの迷惑となる行為はお控えください。
  • ※その他、会場係員の指示に従ってください。
  • ※予告なしに内容を変更する場合があります。
    あらかじめご了承ください。

contact

『平安神宮 紅しだれコンサート』事務局
京都新聞COM営業部内
〒604-8567 京都市中京区烏丸通夷川上ル
Tel.075-241-6170(土・日・祝を除く午前10時~午後5時)