紅しだれコンサート・トップ出演者プロフィールおことわりお問い合わせ 京都新聞社の催し京都新聞トップページ



●4月6日(木) 佐藤和哉 <篠笛奏者・作曲家>

 篠笛奏者として国内外で活動。「二十一世紀ノスタルジア」と評される佐藤和哉作品の数々は、今を生きる自分の心と素直に向き合うことで紡ぎだされる。2013年、 自身作曲の『さくら色のワルツ』が、ゆずの『雨のち晴レルヤ』のモチーフ曲として採用され、NHK朝ドラ「ごちそうさん」の主題歌となる。同年、ゆずとともに『NHK紅白歌合戦』に出場。2017年 には佐賀県嬉野市の歌曲を制作するなど活動の幅を広げている。

和楽器「篠笛」奏者 佐藤和哉 オフィシャルサイト
●4月7日(金) Keiju <ギター・プロデューサー・作曲家>

 20年間にわたりユーラシア大陸各地を巡り音楽のフィールドワークの旅を続けている。ギターをメインに、竹笛「スーリン」、「シタール」、「ブズーキ」などさまざまな旅先で出会った楽器を駆使し、独特のKeijuワールドを展開している。民族音楽楽器を使ったアコースティックジャムバンド「EURASIAN RUNG」のリーダーとしても活動中。現在米ロサンゼルスDOMOレコードより、ワールドワイドに作品を発表している。

KEIJU NAKAJIMA OFFICIAL INFOMATION
●4月8日(土) あさい まり <ヴァイオリン>

 ライブサポート&スタジオミュージシャンとして活動する他、ストリングスアレンジや楽曲制作も行うなど、ジャンルレスな演奏スタイルでマルチに活動中。2010年より、都内を中心に自身主宰のライブ活動を開始。2015年夏には「夢見る音楽会」と題した新たなプロジェクトを始動。オリジナル曲のみで構成したライブを開催し好評を博す。2017年春にはファーストアルバム『きんいろ野原のユメ』をリリース。

Asai Mari Official Site
●4月9日(日) circulo(シルクロ) <ハンマーダルシマー&サンポーニャ デュオ>

 アンデス地方の民俗音楽フォルクローレに使われる笛の一種サンポーニャ奏者の岡田浩安、ピアノの源流と言われる西洋の打弦楽器ハンマーダルシマー奏者の山口智によるユニット。即興やオリジナル曲、スタンダードな曲を織りまぜ展開する演奏は、音楽ジャンルにとらわれることなく自由で、繊細かつダイナミックに聞く人の想像力に訴えかける。2006年、岡野裕和(コントラバス)、慧奏(パーカッション)とともにアルバム『Circle』をリリース。

岡田浩安 Official Web Site
山口智 Official Web Site

無断転載を禁ず。(c) 2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.