もっと知りたい京都の病院
病院検索 特集 特集
 
医療情報室 健康長寿でイキイキ暮らそう 2017年度 京都新聞医療企画
1.脳の病気

【'17年6月】
2.運動器を守る

【'17年7月】
3.病気と向き合う

【'17年8月】
6.家族で考える病気
【'17年11月】
7.小児・女性の病気

【'18年1月】

6.家族で考える病気
 厚生労働省によると、65歳以上の高齢者の認知症患者は2012年段階で約7人に1人の462万人で、2025年には約700万人になると推計されています。また脳卒中の死亡率は下がってきているものの、後遺症で介護を要する人の割合が増えてきています。日常生活を送るためには、本人だけでなく家族をはじめ周りの人々のサポートが必要です。第6回「家族で考える病気」では、病気の症状や治療、家族の関わり方などについて専門の医師に聞きました。
NPO法人 若者と家族のライフプランを考える会 理事長 河田 桂子 氏
専門の医師がお答えします
京都大原記念病院 院長 垣田 清人 氏
京都博愛会病院 副院長 佐々木 学 氏
北山病院 精神科 原田 倫治 氏
(c) 2002-2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.