出版案内
福祉事業団

高瀬川をまちづくりに生かそう 京都、市立芸大移転で保勝会

崇仁高瀬川保勝会の設立セレモニーで、山内会長(左から2人目)から高瀬川の歴史について説明を受けるメンバーら=京都市下京区
崇仁高瀬川保勝会の設立セレモニーで、山内会長(左から2人目)から高瀬川の歴史について説明を受けるメンバーら=京都市下京区

 京都市立芸術大の移転が決まっている下京区の崇仁地区で、高瀬川を活用したまちづくりを考えるため「崇仁高瀬川保勝会」(山内政夫会長)が設立され、8日にセレモニーが下京区の市下京いきいき市民活動センターで開かれた。地元住民と芸術大関係者約20人が、活性化への思いを共有した。

 市立芸大が同地区に移転すると、高瀬川が校地を流れることになるため、川の活用策を模索しようと設立した。高瀬川保勝会は、中京区の銅駝地区などすでに4地区にあり、川の清掃などで連携するという。

 セレモニーでは、崇仁自治連合会の森本弘義副会長が「崇仁のまちが大きく変わりつつある。芸大が来れば、高瀬川がますます素晴らしくなる」とあいさつした。市立芸大の淀野実副理事長は「高瀬川が培ってきた生活文化を、新しい住民として引き継ぎ、発展させたい」と話した。

 この日は、川の清掃活動や芸大生による音楽演奏も行われた。今後は、川べりでのイベントのほか、歴史・文化研究なども行う、としている。

【 2017年04月09日 13時24分 】

ニュース写真

  • 崇仁高瀬川保勝会の設立セレモニーで、山内会長(左から2人目)から高瀬川の歴史について説明を受けるメンバーら=京都市下京区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      くまモンと石川さゆりさん餅つき
      熊本復興願い、福岡・博多

      20180222000109

       熊本地震からの復興を願い、熊本市の「復興元年特命大使」を務める同市出身の歌手石川さゆり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      湯浅直樹は2回目で途中棄権
      アルペンスキー・22日

      20180222000082

       アルペンスキー男子回転で、34歳の湯浅直樹は2回目で途中棄権に終わった。1回目は52秒..... [ 記事へ ]

      経済

      JTBが訪日客向けアプリ開発
      AIで写真の場所特定機能

      20180222000098

       JTBは22日、日本マイクロソフトやナビタイムジャパン(東京)と協力し、人工知能(AI..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鮮やか衣装、気引き締め 京都、都をどり写真撮影

      20180222000068

       京の花街、祇園甲部の舞台公演「都をどりin春秋座」(4月1~24日)のプログラム用の写..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      植物のDNA修復メカニズム解明 京産大教授ら

      20180222000076

       植物がDNAを修復するメカニズムの一端を、京都産業大総合生命科学部の木村成介教授や愿山..... [ 記事へ ]