出版案内
福祉事業団

料理人の案内で食材仕入れ、目の前で懐石に 京都・錦市場

記者発表でデザインなどが説明された食文化体験施設「京都錦市場 斗米庵」(7日午前10時40分、京都市中京区・京都錦市場商店街振興組合事務所)
記者発表でデザインなどが説明された食文化体験施設「京都錦市場 斗米庵」(7日午前10時40分、京都市中京区・京都錦市場商店街振興組合事務所)

 京都の台所・錦市場(京都市中京区)に来年1月、文化発信拠点「京都錦市場 斗米庵(とべいあん)」がオープンする。料理人の案内で市場を巡りながら食材を仕入れ、懐石料理に調理してもらって味わえる施設。障害者雇用にも取り組みながら、卸売り中心でにぎわった市場文化の再生を目指す。

 施設は錦市場に面する路地奥の建物で、木造2階建て延べ約110平方メートル。京都工芸繊維大がデザインする。名称の「斗米」は江戸時代に錦市場閉鎖の危機を救った絵師、伊藤若冲の別号にちなんだ。NPO法人京都文化協会と京都錦市場商店街振興組合が、日本財団の助成を受け開設する。

 目玉に据えるのは、ショッピングセンターなどとは違う「市場体験」。施設が企画するツアーの参加者が料理人と一緒に市場に出かけ、店主との会話を楽しみながら食材を購入。仕入れたばかりの食材を料理人に懐石料理に仕立ててもらい、斗米庵で味わうことを想定している。京都の一流料理人による「プレミアム料理教室」なども計画する。

 1階には、プロジェクトに協力する割烹「祇園さゝ木」(東山区)が28席の和食レストランを設け、錦市場で仕入れた食材を使用したオリジナルメニューを提供する。福祉と食文化をつなぐ取り組みとして6~8人の障害者を雇い、障害者雇用の可能性を広げる。

 7日午前、京都錦市場商店街振興組合事務所で記者発表があり、京都文化協会の田辺幸次代表理事は「千年を超える錦市場の歴史を未来につなぎたい」とあいさつ。同組合の宇津克美理事長は「錦の食材を知ってもらい、食文化を伝える施設にしてほしい」と期待を込めた。

 京都文化協会は2015年にも、錦市場400周年に合わせ、イートイン機能をもつ京文化体験施設「京町家錦上ル」(中京区)を開設している。

【 2017年06月07日 13時30分 】

ニュース写真

  • 記者発表でデザインなどが説明された食文化体験施設「京都錦市場 斗米庵」(7日午前10時40分、京都市中京区・京都錦市場商店街振興組合事務所)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      18年度会長に浅野則明氏選任 京都弁護士会

      20180117000185

       京都弁護士会は17日、2018年度の会長に浅野則明弁護士(59)を選んだ。副会長は、古..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア、フェルナンデス首位
      欧州選手権開幕

      20180118000002

       【モスクワ共同】フィギュアスケートの欧州選手権は17日、モスクワで開幕し、男子ショート..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時150ドル超高
      米企業決算に期待感

      20180118000004

       【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日と..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      阪神大震災、追悼の鐘響く 京都・法然院で法要

      20180117000154

       阪神大震災から23年を迎えた17日、京都市左京区鹿ケ谷の法然院では、「物故衆生追悼の集..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早く春、児童ら歓喜 京都の公立高付属中で合格発表

      20180117000161

       京都府内の各公立高付属中で17日、2018年度入試の合格発表が行われた。4月に開校する..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      雲を捉え台風と豪雨予測
      スパコン京とひまわり8号で

      20180118000001

       スーパーコンピューター「京」を使って気象衛星「ひまわり8号」の観測データを解析し、天気..... [ 記事へ ]