出版案内
福祉事業団

老舗の「幽霊子育飴」綿菓子に 京都、9月末に発売

飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)

 墓の中で赤ん坊を育てる母親の幽霊が、子どものために夜ごと飴(あめ)を買いに来る-。そんな民話に由来する京名物「幽霊子育飴」の綿菓子が完成した。飴を作る京都市東山区の老舗と、同区にある創業1年の綿菓子専門店が協力、今月末に発売を予定している。

 約500年前に創業の「みなとや」は、麦芽水飴の香ばしさを効かせた幽霊子育飴で知られる。この飴の風味を綿菓子に再現したのは、昨年8月創業のJEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)。老舗と新店で立場は大きく異なるが、「地元に親しまれ、観光客に楽しんでもらえる商品で地域を盛り上げたい」との思いで一致したという。

 ただ、水飴を綿菓子に加工するとパリっとした食感になってしまうため、ジェレミー&ジェマイマを運営する椿森杏利沙さん(36)が、1カ月ほどかけて水飴に配合するざらめ糖の割合などに工夫を凝らし、ふんわりと口の中でとろけるような食感の綿菓子が先月末に完成した。

 パッケージも幽霊子育飴と同じデザインにこだわり、椿森さんは「老舗と新店のコラボレーションは京都ならでは」と喜ぶ。みなとや20代目店主の段塚きみ子さん(69)と、協力した段塚さんのおい高田慎一さん(35)は「若い方に人気の綿菓子を通して、私たちが伝える『命をつないだ飴』への思いをより多くの人に知ってもらえれば」と話している。

【 2017年09月14日 11時00分 】

ニュース写真

  • 飴(左)と同じパッケージにこだわって作った綿菓子。1袋600円で売り出す予定だ(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      再稼働控え、大飯原発を視察 京都府や30キロ圏市町関係者

      20170919000200

       来年1月以降に再稼働が計画されている関西電力大飯原発(福井県おおい町)3、4号機を、京..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド、男子単で西本らが予選突破
      ジャパン・オープン

      20170919000210

       バドミントンのジャパン・オープンは19日、東京体育館で開幕し、男子シングルスは昨年の全..... [ 記事へ ]

      経済

      スプリント、Tモバイルと合併か
      ソフトバンク傘下、テレビ報

      20170920000007

       【ニューヨーク共同】米CNBCテレビは19日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の移ろい眺め1200年 東寺五重塔、ドローン撮影

      20170919000083

       京都のランドマークとしてそびえ立つ塔の脇から、ドローンを少しずつ上昇させる。各層の屋根..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      子育てに心理学、理論と実践学ぶ 滋賀・近江八幡

      20170918000101

       子育てのヒントを学ぶ講座「心理学で子育て、生き方を楽しもう」が17日、滋賀県近江八幡市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      卵子の元、ES細胞から作る 京大、マウスで仕組み解明

      20170919000182

       卵子の元となる「卵母細胞」ができるのに必要なビタミンなどを、京都大医学研究科の斎藤通紀..... [ 記事へ ]